おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

怖い話・不思議な話・不運

小さなヤマカガシには毒があるからと父が言った

広い敷地の広いお家に住んでいた頃。裏庭にヘビが時々出ましてね。 普段、庭や敷地の手入れをしないで、飲んだくれて遊びまくって疲れると家で寝ていた父も、たまには敷地に出て草取りなんかをしたりしました。火を焚くのが好きだったので、母が刈った草が乾…

ピンポーン「ぁああふぅ○※△です-」

先日、家にいたときのこと。 「ピンポーン」 誰かが来た様子。 ドアホンで「はい」と出てみると 「こんにちはーぁああふぅ○※△です-」 はて?荷物が来る予定ではあるけれど、「ヤマト」とは聞こえなかった。「郵便局ですー」ではないな。「佐川」と聞こえな…

取材商法の電話がかかってくんのよ

時々ね。「取材を」っていう電話を受けることがあります。もちろん本当の取材もあったりするわけなんだけど、まぁ、大抵は「取材」という名前の「有料広告」なのよん。「経済誌に掲載します」という以外にも、最近は「Web記事として掲載します」っていうのも…

あーあ、ひっかかっちゃったamazonマーケットプレイス詐欺

時計がね、欲しかったんですよ。それはいずれまた書きますが、今使っている掛け時計も随分長く使っていたので、好みのもので飽きの来ないものが欲しいな~と、わくわくしながら探していました。ちょうどこんな感じのものがいいかなーと思った時計を「ちょ、…

メリークリスマスだけど今年もサンタは来ないし胃が痛い

一昨日から胃の調子が悪くて、柄にもなく、食べる量と食べるものを節制しています。これぞ大人の対応ってやつですね。 何ですかね。別に忘年会やクリスマスでおいしいものを食べすぎたとか、みんなで盛り上がってウェイウェイフォォオオオオオ~~って飲み歩…

盗撮の被害に遭いました。対策と思ったこと。

盗撮されました。 多分すぐ気がついたと思うのですが、それでも何秒か何分か撮られたと思いますし、ムービーじゃなくて写真かもしれません。 場所は浴室です。浴室には窓があって、それはルーバーで、クルクル回して開け閉めするタイプです。 わが家は路地か…

気をつけてね

ごく近しい人が音楽活動をしている。あちこちでライブをし、いろいろな年代のいろいろな人と付き合い、それはそれは楽しく、つらいこともあっても、もう何年も継続してやっている。音楽で身を立てているわけではないから、生活や学業や仕事の合間を縫ってか…

どうしても見つからない片方の靴下

部屋にあるはずなのにどうしても見つからないもの。 今回のそれは黒の靴下の片方。どうしても見つからないんですよ。次の洗濯物の中から出てくるのではないかと思ったのですが見つかりません。 レディース ハイソックス 黒 無地 綿 10足セット 23-25cm 日…

身近にもあった闇カジノ(違法カジノ)の話

※いろいろとフェイク入れるので小説仕立てでお伝えします。※かなり以前のことです。 「今日行きますか?」 「あ。その話はあとで」 会社の飲み会終了時、みんながお会計をしたり、上着を着たり、ざわざわとする中、いつもは必要以上に大きな声で話す二人(A…

妊娠中に浮気されたことは一生忘れない

女性の大きなイベント。 その1つは妊娠出産。 男はけっしてできない上に、女であっても限られた人しか経験できない、女性にとっての大きなイベントです。 体も心も気分だけでなく医学的にも不安定になる要素が多く、場合によっては生命に関わることもあると…

バスに乗って知らない所に行っちゃうのは怖いのよ

郊外の住宅地はバス路線が充実しています。 そのバスも入り組んでいて、いろんな路線が入り交じっていて、どれに乗ったらいいのかわからないことがあります。 そんな時はバスナビを使ったりするわけですが、それでもわかりにくいところはありまして、困っち…

盗撮されてそれがネットに出回るということ

昨日のニュース。 www.asahi.com この事件の場合は悪意のある投稿のようでしたが、これがもっと悪意を感じないものだったらどうでしょうか。ちょっとにやにやしてしまうみたいな面白コメント、誹謗中傷ともとれないような微妙なコメントのように、明確な悪意…

あの路地の先にあるのは

その日、わたしは母の家に行きました。 母のいつもの話。愚痴や、批難の言葉を、表情や声色を少しも変えることなく静かに聞き、笑顔で相槌を打ち、そして「また来るね」と何度も言って、ドアを閉めました。 エレベーターでエントランスへ出るときには、どっ…

この夏Ingress(イングレス)で怖かったことと最近のわたしのIngressルール。

春と夏の思い出。 それはIngress。 ダイエットと健康のためにウォーキングしながらIngressやってレベル8 - おうつしかえbanban.hatenablog.com 思い出と言っても 一人 Ingress。 でも最近イングレス(Ingress)熱は少し治まっています。 なぜなら! いまはツ…

見ちゃった。夜に街道を横断していたのは猫ではなくハクビシン。

夜 歩く東京の郊外。 夜と言っても、まだ早い9時過ぎ。 東京でもあるけど、それほど賑やかではないベッドタウン。駅から離れてしまうと、歩いている人もちらほら、車は時々途切れるけれど、まあまあ通るような感じ。 そう、こないだもそんな夜に、そんな感じ…

バッタが玄関にいました。わたしのサンダルの上に。でね

とある朝。 おでかけする朝。 ちょっこし寝坊してしまった朝。 (まれ風↑能登風) 慌てて身支度をして、朝食をとって片付けをしているうちに、 「もう車で前で待っているんだけど」と。 そうです。 車でおでかけなのです。 ごめんね。 待たせてしまって。 「…

怖いおじさんが...火事になっても寝ていた時のこと

幼稚園のころのことです。 わたしは小さいころから、寝付きが悪く、悪夢を見る子で、そして一度寝たらなかなか起きないお寝坊さん、という、可愛らしい 子でした。 小さいころに住んでいた家は、古い日本家屋で、風が吹くと扉やどこかがガタガタと音が鳴りま…

マンションのモデルルーム。上の階を走り回るのは誰?[怖]

新築マンションを販売するときは、建物ができあがる前に販売するほうがいいわけです。建物ができあがったと同時に引き渡しができ、業者側は余分な金利が必要ありません。ですから、新築物件は、敷地外にモデルルームを作ったり、敷地内の一部にモデルルーム…

駅前で刃物を持ったおじいさんに遭遇した時の話

あの人とのデートの帰りでしたから、多分10年くらい前のことだと思います。 郊外の駅を降りてすぐのところに、広場やロータリーがあって、その先に商業施設がありました。広場を抜けて少し歩いて、彼の家まで歩こうと、駅を出て歩いていくと、ふらふらと怪し…

朝起きたらパンツをはいていなかった話

いまから書こうと思っていること。 それは身も蓋もなければ、オチもない話。 こんな下世話な話を書く意味があるのかどうか?と、ホワイトエンジェルのわたしは思うわけだけど、かたやブラックエンジェルのわたしが ψ(▼▽▼)ψ 「いやいやー。おまえは好きなこと…

「ニセ医学」に騙されないために[著 NATROM氏]怖いのは中の人が本気で信じている時

一度は読んでおきたい本です。 できれば体調不良になる前に。 本書の著者は、ネット上でいち早くニセ科学批判を始めた内科医。危険な反医療論や代替医療、健康法について、査読を通った確かな文献をもとに、わかりやすく説明しています。 「ニセ医学」に騙さ…

振り込め犯罪結社[著 鈴木大介]騙されたくないと思っている人に

GWにぴったりの本。 「振り込め犯罪結社」 このGWを利用して実家に帰ったりして母に会ったら、より具体的な注意を促がしたいと思います。幸いなことに母はお金を持っていないので...とも思いますがわかりませんよわかりませんよー1-5万くらいなら、いや10万…

「ご当選おめでとうございます」の無料バス日帰り旅行に行ってみた。

特に応募したわけではないのですが、わたしに舞い込んだ1通の手紙。 「ご当選おめでとうございます」 ですって。 無料の日帰りバス旅行に当選ですって。 「お客様の中から選ばれた」そうです。こういう当選商法的なもの、よく聞きますし、テレビなどで見たこ…

本日のファスナー全開事件について検証してみましょう

気がついたら、パンツのファスナーが全開でした。 パンツって言ってもあれですよ。 下着じゃないほうのパンツですから。 下着のパンツにファスナーはついていませんから。 トイレに行きファスナーを開けようと思ったら、ファスナーは既に空いていました。 今…

毎日がスペシャルで今日もいつもの一日でバンザイ

「どうしてそうやって刹那的に生きているの?」 と言われたティーンから20代前半。 言われた「刹那的」には「自暴自棄」みたいなニュアンスが多分にありました。 「自分を大切にしない人だねっ!」という非難。 犯罪をおこしたわけでも、自ら危険に飛込んで…

NHK連続ドラマ「マッサン」の熊虎さんを見て父のことを想う。

マッサンね。 マッサン。 ここ最近の回はどうも気持ちがざわつきます。 熊虎さんの話。 とうとう土地の権利書を息子が持ち出して売るとか。 だらだらと書きます。 注)いい話じゃないです。ご注意ください。 働かないで家で酒飲んでいる父 これだけでざわつ…

自転車と接触して怪我をした母は。

わが家の家訓。 事故にあったらたいしたことがないと思っても、必ず相手の連絡先を聞くこと。 これは母から繰り返し繰り返したたき込まれたことです。被害者になるときだけでなく、加害者になってしまったときももちろん同様に「連絡先を聞くこと」。 運が悪…

咳をしてるうちに咳喘息になり肋骨を骨折したときのこと

買い物をして 店を出て あれ? 何かひっかかっているようなかんじで、 咳払いをコン コンコン あれれ? コンコン ケホンケホンケホンケーンケーンケーン 咳が止まらなくなりました。 わかるかな? この乾いた咳の感じ。 最後は笑っているのか? 泣いているの…

豆乳を買ったら中身が・・・1000mlの豆乳を買うときに気をつける3つのこと。

豆乳を定期的に飲んでいます。 そのまま飲むことはあまりないですが、グラノーラなどのシリアルにかけて飲んでいます。 以前は豆乳が苦手だったので、メーカーにこだわっていましたが、今は調整豆乳ならだいたい大丈夫です。どこでも飲みやすくなっています…

サラダに入っていたあれはね。

小さな不運 第2弾です。 あれですよ。 修学旅行とかでも、「大丈夫!大丈夫!先生いないから」と、少しずつ部屋を抜け出して、「誰も見つからないから、大丈夫だから!」と言われて、部屋を出たとたんに一番怖い先生と遭遇してしまう人。 「あの先生は宿題は…

小さな不運(山かけのレジェンド)

わたし事故に遭いますしね。 食べ物に異物混入もよくありますしね。 お店の予約もなかったことになりますしおすしー。 「大きい不運はどうかわからないけど、一緒にいると小さな不運がものすごくたくさん降ってくるよね」 と、先日も仲の良い人に言われまし…

じんましんの丘

※注意!かゆい画像あります。 小さいころよく蕁麻疹(じんましん)が出ました。 じんましんとひとことで言っても、見た目も症状も原因もさまざまなのです。 わたしの場合は、最初に小さな丸いふくらみができます。ぽちっとしたかわいい丸い丘のようなじんま…

[THE RIVER 呪いの川]不気味な人形たち

人形って、ちょっと怖い時がありますね。 わたしも先日、母から古い日本人形をもらって、それを自分の部屋の年代物の文机の上に飾っていますが、そこだけ横溝正史っぽくなってしまって、怖く・・・ なりません! あれは、母が祖父からもらったものだから、怨…

わが家に車が突っ込んで来たときの話

生家の話です。 車が突っ込んでくることがありました。 わが家は街道沿いにありましたが、庭があって、家の建物まではかなり距離がありました。街道とわが家の間には垣根(植木)と、背の低い門扉がありました。古いお家を思い浮かべていただくとよいと思い…

隣のおばあさんが亡くなったときのこと

あれはわたしが中学生の夏休みでした。 隣の小さな貸家におばあさんが一人で暮らしていました。 地主が多いところで、貸家(ごとき)に住んでいる独り者のおばあさんということで、周りの人はあまり親しくしていませんでした。 母は結婚してこの土地に来まし…

扉が開かなくなったんですよ・・・やだなー怖いなー

「ねえ。この家って何かいない?何か感じな・・」 いません!(キッパリ) 「でもさー扉が勝手に閉まっ・・」 ないねっ!!扉のせいジャン? 「ばんばんってさーそういうの感じる人だか・・・」 感じません!!! 説明のつかない霊の世界は否定しませんし、…

被告になりました。真っ当に生きているつもりだったけど。

過去の話です。 訴えられました。 訴状が届きました。 訴状は特別送達という特別な郵便で届きます。ポストには入れられず、配達してきた郵便局員から直接手渡しされ、受け取った本人の署名または捺印をすることになっています。配達人は受け取った記録を裁判…

バリウム飲んで、そのあとを赤裸々に

先日、バリウムを飲んできました。 バリウム飲むのは久しぶり。 5-6年ぶりでしょうか。 白いヤツ飲んできます。そして季節限定 夏のカレー(キーマカレー) そもそもバリウムを飲み干すことができるのか? そもそも、バリウムを飲み干すことができるのかどう…

お子さんにいいきかせておいて欲しい「交通事故にあったら」

今は免許を持っていますが、まだ免許を持っていない頃、4回も交通事故に遭っています。なんですかね...遭っちゃう人なんですかね...。 わたしが小さいころからの我が家の家訓。 「事故にあったら相手の連絡先を聞く」 24歳、生まれて初めて追突事故に遭う。 …