おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

読書感想文

赤ちゃん本部長

「これ読んでみて~」という勝手にお薦めです。お金も貰ってないのに勝手に宣伝しますですますまる。 株式会社モアイに勤める武田本部長47歳。ある日突然朝起きると、頭の中はそのままで身体が赤ん坊という状態に……。どうやら生後8ヵ月ぐらいの大きさらしい…

Kindle本92%ポイント還元で「うつヌケ」でうつヌケ

amazonのKindle本の一部が92%セールをやっていました(2017/05/27)。おぉ!!セールと言っても金額が安くなるわけではなく、ポイント還元ですが、amazonはかなり使っているのでいいのです。 かねてから読みたかった「うつヌケ」を購入。安く買えちゃってご…

2016夏、リオオリンピック観戦の合間に読んだコミック。まだ夏は続くけど。

最近、コミックを読みまくっていまして。 オリンピック観戦、もちろんテレビやネットですが、オリンピック観戦をしていますが、その合間にコミックを読んだりしています。 オリンピックは競技と競技の間とか、目的の選手待ちの時や、別の競技にチャンネル変…

山の日に「岳」を読んでいました。

8月11日は山の日でしたね。先駆けて夏休み発動!となった人も多いのかと思いますが、わたしの今日は平常運転です。 最近、コミックを読みまくっていまして。 話題になって読みそびれていたコミックや、途中で挫折してしまったコミックや、1巻無料!などで試…

雪花の虎[東村アキコ]姫武将だったかも虎千代の話。

以前1話だけ読んでそのままにしていた雪花の虎。1巻2巻をこの連休に読みました。 上杉謙信は女性であった。その女性の謙信がどのように育ち、どのように戦っていくかという話...だと思う... 雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル) pos…

歩き方を変える。フットボールネーションでサッカーに興味が

サッカーにはほとんど興味がないのです。なのでわたし自身はワールドカップもオリンピックもサッカーに関しては盛り上がりなし。 一人だったら見ることもないので、ご近所さんから「うぉおおおおお!」とか「ぁあああああああ!!」という歓声が聞こえてきて…

64(ロクヨン)は警察小説だけどね

気がついたら横山秀夫の作品は結構読んでいました。 ふふ。好きなのです。警察小説。 わたし、逮捕された ......ことはありませんが、警察に友人知人がおりまして、時おり様々な課の話などを聞きます。そのリアルな話は小説とは違いますし、友人知人も気軽な…

「お幸せに」と言うしかないし言いたい。ダーリンは70歳[西原理恵子]

西原理恵子の作品は大好きで、ずっと好んで読んでいました。作品がものすごく多く購入が追いつきませんでしたが、ブックオフなども合わせて都度都度購入していました。そしてことあるごとに「これ面白いよ」と人にも勧めて、鳥頭信者を増やしていました。 ま…

服を買うなら、捨てなさい[地曳いく子]今日の服は納得できるコーデですか?バリエーションの呪いから解き放たれよう

子どもから大人体型になって、大人の服を着るようになってから、ずいぶんと月日が経ちました。その時々でライフスタイルも変わり、その都度、必要な服もかわりました。その時々に捨てていましたが、ここ何年かは捨てられない服が少しずつ増えています。 捨て…

疾風ロンド[東野圭吾]舞台は里沢スキー場。ここは...?

文庫書き下ろしなんすよ。 疾風ロンド。 鉄板の東野圭吾の。 「面白くないわけがない」と、旅のお供に持っていって読みました。 東野圭吾は大きなハズレなしの鉄板!!といえども、何となく先が見通せるんじゃないかと読み始めたわたし。 拡散すれば人々を大…

カルト村で生まれました[高田かや]

「カルト村で生まれました[高田かや]」を読みました。ほんわかとしたイラストで描かれた著者の子どもの頃の体験記です。 カルト村としか書かれていませんが、ヤマギシ会のことですね。わたしはヤマギシ会についてはあまり知らずに過ごしてきました。 小さ…

カラスの親指[道尾秀介]あなたが見たものは本当ですか

まーさん ( id:kun-maa )が「面白いよ」と言っていたので読んでみました。そういえばわたしは、人のアドバイスとか人のお薦めとかにはあまり乗っからないたちだったのですが、はてなを始めてからはずいぶん乗っかってきたように思います。ノリノリで。これ…

太陽のパスタ、豆のスープ[宮下奈都]よくない話を聞くのは食事の後?前?

料理が出てくる小説の中で貴重な長編です。 主人公は明日羽(あすわ)。式場も予約した、仲人も頼んだ、友人に結婚式の日取りも知らせた、というまさに結婚式直前に婚約者から別れを切り出されるところから話は始まります。 人生は自分の気持ち一つで変わる…

おいしい小鉢が並んでる「あつあつを召し上がれ」小川糸

「あつあつを召し上がれ」は短編集です。7つの短編が収録されています。著者は小川糸。「食堂かたつむり」と言えば一番わかりやすいでしょうか。 食に関する描写にこだわり、巧みに描き出す人は、食べることがとても好きなのだろうと想像しています。よしな…

「和菓子のアン」を読んで思い出したわたしのデパ地下売り子体験

以前から読もう読もうと思いつつ、タイトルやあらすじから内容が想像できてしまって、何となく読まずにきた「和菓子のアン」。 でも、いつか気持ちが和菓子になったら読もうと思っていたのです。それが今!! banban.hatenablog.com ちゃんとしたお店の接客…

かぶの葉ジャガ。野菜が食べたくて、あれこれと作ったり。

「あーーーー野菜が食べたいな」と、思うときは、カレーとかシチューとか肉じゃがではないのです。キャベツとモヤシのたっぷり入ったラーメンでもないのです。 ほんのちょっとしたお総菜。 作るのは大変ではないけれど、一品ではメインのおかずにならない、…

血なまぐさくて殺伐としているが、だがしかし「忍びの国」和田竜

のぼうの城や村上海賊の和田竜の作品。 「忍びの国」 「なんか、読めないから(つまんないから)読むならあげる」 と言われて、大喜びでもらいました。 忍びの国 (新潮文庫) 作者: 和田竜 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/02/26 メディア: 文庫 購入: …

ティファニーで朝食を[訳 村上春樹]わたしも猫に名前をつけられる人になれていればよいのだけど

ティファニーで朝食を。 トルーマン・カポーティ。 村上春樹 訳です。 そして、この装丁の色合いがとてもわたしは好き。 ティファニーで朝食を 作者: トルーマン・カポーティ,村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/02/29 メディア: 単行本 購入: 5…

Rのつく月には気をつけよう[石持浅海]食を囲んだ短編集

せ...狭い... ものすごく狭い世界で語られるミステリーの短編連作です。 仲良しの3人は定期的に集まります。仲間の一人である長江が住んでいる小さなワンルームマンションに集まり、そこで飲んだり食べたりします。食べることもお酒を飲むことも大好きなトリ…

「ニセ医学」に騙されないために[著 NATROM氏]怖いのは中の人が本気で信じている時

一度は読んでおきたい本です。 できれば体調不良になる前に。 本書の著者は、ネット上でいち早くニセ科学批判を始めた内科医。危険な反医療論や代替医療、健康法について、査読を通った確かな文献をもとに、わかりやすく説明しています。 「ニセ医学」に騙さ…

やんごとなき読者[アラン・ベネット]エリザベス女王2世が読書に目覚めたら

装丁に心惹かれて買いました。 装丁買い。 やんごとなき読者 作者: アランベネット,市川恵里 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2009/03/11 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 78回 この商品を含むブログ (62件) を見る 誰かにお薦めされたような気もする…

ビオレタ[寺地はるな]書評ではありません。これはファンレターです。

ビオレタ読みました。 これはもちろんいつものように「書評」ではないです。 感想文です。 いえ、今回は感想文でもないかもしれません。 ビオレタを産み出した寺地さんへのファンレターです。 装丁からしてなんと素敵なことよ。 冒頭のシーンは雨から始まり…

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~10着とは言わないけれど大好きな服だけでクローゼットいっぱいにしたい。

「丁寧に暮らす」 そんなブログを書きたいと思っていたのです。ざっくりざくざく大雑把な自分ではなくて、丁寧に暮らす素敵な女性をブログの中で展開したかったのです。 丁寧に暮らすとか、オシャレでシックな女性とはほど遠い生活と性格。にじみ出るざっく…

振り込め犯罪結社[著 鈴木大介]騙されたくないと思っている人に

GWにぴったりの本。 「振り込め犯罪結社」 このGWを利用して実家に帰ったりして母に会ったら、より具体的な注意を促がしたいと思います。幸いなことに母はお金を持っていないので...とも思いますがわかりませんよわかりませんよー1-5万くらいなら、いや10万…

柘榴のスープ[マーシャ・メヘラーン]ルビー色をした柘榴のスープとは

装丁から出てくる料理からストーリーまで完全に魅了されました。 マーシャ・メヘラーンの柘榴のスープ。 主人公は両親を亡くした、テヘラン生まれの美しき三姉妹。1970年代の終わり、イラン・イスラーム革命に揺れる祖国を脱し、ロンドンに渡り、やがてアイ…

アル中ワンダーランド[まんしゅうきつこ]アルコール依存症

超おもしろい 超わらえない 「峰なゆか」 全部実話 幻覚・被害妄想・記憶障害、そしてまさかのポロリ!? 「フェイクプレーン」から始まる、まんしゅうきつこワールド。フェイクプレーンは、あれですよ。「飛行機に擬態しているUFO」。 アル中ワンダーランド…

かくかくしかじか[東村アキコ]。わたしも頭抱えて叫びながら過去を後悔するよ

マンガ大賞2015の東村アキコ「かくかくしかじか」4巻まで読みました。 4巻まで読んで、あああああーーー続きが読みたい!5巻完結じゃないかっ!と、すぐkindleで買おうと思ったら、kindleではまだ5巻が出てないんですね。残念。 かくかくしかじか 1 作者: 東…

本屋さんのダイアナ[柚木麻子]就活生にも大学生にもお母さんにもお子さんにも読んで欲しい

買ってしばらく発酵させていた 「本屋さんのダイアナ」を読みました。 柚木麻子作品が好きでした。 で、「本屋さんのダイアナ」も張り切って買ったのですが、しばらく発酵させてしまったのは、その前に読んだ「ランチのアッコちゃん」「あまからカルテット」…

あまからカルテット[柚木麻子]うらやましいけど多分無理。でも美味しいものがたくさん出てくる。

柚木麻子のあまからカルテット。 4人の仲良し同級生が、社会人になっても、それぞれを思い、何かの時には助け合って成長する、というお話です。 仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。恋愛の荒波も…

人の本棚から読んだコミックを笑うな

人の本棚をのぞくな。 人の本棚から読んだコミックを笑うな。 そんな言葉があったかどうか。 人の本棚から読んだコミック本3冊。 又鬼の命[矢口高雄] もうね、 マタギ。 又鬼の命 作者: 矢口高雄 出版社/メーカー: 三冬社 発売日: 2008/06 メディア: 単行…

キャベツ炒めに捧ぐ[井上荒野]を読んで、猛烈にがんもどきが食べたくなった。

井上荒野の「キャベツ炒めに捧ぐ」。 食べものが出てくるお話は大好きです。 「キャベツ炒めに捧ぐ」は、題名通り、たくさんの料理、食材が出てきます。 キャベツ炒めに捧ぐ (ハルキ文庫 い 19-1) 作者: 井上荒野 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2…

恋の病は食前に[拓未司]横手焼きそば姫路おでんシロコロホルモン肉巻きおにぎりイタリアンスパゲッティ

拓未司の短編集です。 わたしは短編集よりも長編のほうがのめり込めるので好きです。でも食にまつわる小説はあまりないんですね。圧倒的に短編集が多い気がします。 その中で貴重な長編。この2冊を読みました。 <a href="http://banban.hatenablog.com/en…

「離婚しちゃいなよ。あんなヤツ」りこんみち 母さんは覚悟をきめたよ[古野崎ちち子]を読んで思い出したこと

古野崎ちち子「りこんみち 母さんは覚悟を決めたよ」 読みました。 タイトルがもうすでにドキドキするタイトルですが、中身もドキドキします。 「覚悟を決めたよ」です。 決めちゃったんだー りこんみち 母さんは覚悟をきめたよ 作者: 古野崎ちち子 出版社/…

ウドウロク[有働由美子]泣き方が怖え

ウドウロク 逆さに読んだら、クロウドウ。 著者の有働由美子(うどうゆみこ)はNHKアナウンサー。 ついこのあいだまで、有働由美子はわたしの観測範囲にありませんでした。なぜならほとんど地上波は見ないから。ゆいいつNHKの朝ドラは見ていたりするのですが…

静子の日常[井上荒野]スターな彼女の捜しもの[ソフィー・キンセラ]

井上荒野の他の作品が読みたかったのですが、先に手に取ったのがこれでした。 静子の日常 装丁も好み。 こういう本はカバーを掛けないで読みます。 静子の日常 作者: 井上荒野 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2009/07 メディア: 単行本 購入: 2人 ク…

蜜蜂のデザート[拓未司]

ビストロ・コウタ第二弾。 食べ物が出てくる小説は大好きです。 って書いた「禁断のパンダ」。 禁断のパンダ[拓未司] - おうつしかえ このときはお料理全般でしたが、デザートがたくさん出てくるお話は「蜜蜂のデザート」 蜜蜂のデザート (宝島社文庫) 作…

禁断のパンダ[拓未司]

大事なことなので何度も書きます。 食べ物が出てくる小説は大好物です。 この「禁断のパンダ」 タイトルもいいし、表紙のイラストも可愛いし、 「このミス(このミステリーがすごい)」の大賞受賞作(2008年) さらに著者は、 岐阜県可児市出身。兵庫県神戸…

タルト・タタンの夢[近藤史恵]

近藤史恵といえば、モップシリーズ。 ここでもちらっと書きました。

離婚してもいいですか?[野原 広子]

一気にざざざーーーーっと読みました。 日常のあるあるーという感じの細かい描写。 そんなことあるよねっ! という、エピソードがてんこ盛りです。 離婚してもいいですか? (メディアファクトリーのコミックエッセイ) 作者: 野原広子 出版社/メーカー: KADOKA…

マミーがぼくを殺しにやってくる ヤンキーセレブ[ユージ]

タレントのユージ。 母などはユージには「礼儀正しい男子」というイメージがあるようです。 「ユージって育ちも良いのよ」とも言っていました。時折バラエティなどで、「曽祖父がドミニカ元大統領だった」などとセレブなところも取り上げられているからでし…

真夜中のパン屋さん-パンは誰にでも平等な食べ物

「パンならいくらでも食べられる気がする」 ↑これはわたしの名言ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ ふわっふわの食パンはいくらでも食べられる気がし・ま・す・よ・ね☆ 「パン一斤とか普通に食べられるっしょ」と、言ったら「んんーーーーでもわたしはパン一斤でおなかいっ…

わたしの宇宙はコミックの中にある。宇宙関連コミック

宇宙を見たい。 宇宙に行きたい。 なんて、思ったこともありませんが、小さいころは星を見上げるのは好きでした。星座の本や星座早見を買ってもらって、星座を覚えようと思ったこともありますが、あれは無理でした。結局みんなが知っている有名なものしか覚…

読みのがしていませんか?おすすめコミック10冊

頭を使わずに手軽にリフレッシュできるもの。簡単にストレス解消できるのはやっぱりコミック。コミックのちょっとしたセリフや場面でヒントをもらったり、元気が出たりすることもあります。 わたしもそんな言葉をいくつか胸に抱いています。 ふふ。 ( ^ x ^ …

どうしようもないときの読書感想文の書き方

いよいよ、夏休みも終わりですね。早いところではすでに新学期が始まっている模様です。 今年は9月1日が月曜日という、どう考えたって気の重い新学期のはじまりですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 ↑どうでもいい挨拶。 さて、 読書感想文が嫌いだ …

パーキンソン病とつきあう。マイケル・J・フォックスの「ラッキーマン」

ある一定の年齢の人なら、マイケルJフォックスの出演作の1つは見たことがあるでしょう。 一番有名な映画は、ほら、あれですよ。 バック・トゥ・ザ・フューチャー。 バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発…

夏休み残りわずか読書10冊

夏におすすめ本を気分で選んでみました。 「花子とアン」にちなんで 赤毛のアン 赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫) 作者: ルーシー・モード・モンゴメリ,Lucy Maud Montgomery,村岡花子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/02/26 メディア…

「みみずの女王」いまならどうなる?

昔からの民話や童話には残酷なものも多いです。 小さいころ図書館とかで読んでいた童話や民話は、「棒でひどく打ちつけました」とか「ころしました」とか「死んじゃいました」など、のものは多かったと思います。 でも、そのお話が今の子どもたちの絵本にな…

読書の時間がなかなかとれない?わたしの読書法

「なかなか本を読む時間が取れないー」というと「わたしもー」「おれもー」という声がたくさん聞こえてきそうです。 通勤通学に電車などの公共交通機関を使っていれば、移動時間に読む、ということもできそうですが、混雑していると本を開くこともできなかっ…

究極の節約-買わないのが一番安い

どうやったらお金が出ていかないのか。 どうやったらお金が貯まるのか。 少しでも安い物を買おうと思って、バーゲンに並んだり、楽天スーパーセールに目を光らせたり、割引の文字が大好きなあなた! そう!そこのあなた!・・・じゃない。 ほかでもない わた…

嫁と姑。言っても解らなければ拳で語り合え!嫁姑の拳

嫁と姑といえば、陰湿な戦い、またはうわっつらの仲良しドラマが多い中で、このコミックはある意味、奇想天外。 言っても解らなければ拳で語り合う。 古い物を認めない精神をたたき直すために戦う 嫁のデリカシーのなさをたたき直すために戦う。 [広告] //…