読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

夕べ見た夢。

昨日書いたように、この2-3日咳が出ていました。

咳は体力使うんですよ。

咳をしているだけで体力なくなってくる感じがします。

 

インジケーターがどんどん減っていく感じ。

 

これが0になったら

これが0になったら

これが0になったら

 

発熱かーーーーー?(>_<)

 

なんてことを考えたりしながら、ゆうべは変な夢を見ていました。

 

[広告]

 

食事をするところを探しているのですが、電車に乗ってしまいます。一駅だけのつもりだったのですが、次の一駅が知らない駅で、あれ?次の次の駅かなと思っているうちに、電車はどんどん知らない所へ行ってしまいます。

 

この手の夢はよく見る夢なのですが、夕べは電車が紅葉がきれいで、湖や海が見える景色を通っていました。←これは滅多にない

 

f:id:banban:20141125145114j:plain

 

きれいな景色に嬉しくなって、紅葉やキラキラしている湖や海をスマホで撮って、ふと前に座っていた(バスみたいな座席になっていました)男性に

 

「この電車はA駅には行きますか?」

と聞いてみました。

 

温厚そうな丸い顔をした男性はニコニコしながら言いました。

「行くと言えば行くし、行かないと言えば行かないなぁ」

 

「えっ?それはどういうことですか」

と、聞き返すと

 

「だって、乗り継いで行けば、いつか、どうやったって、どれに乗ったって、A駅には行くことができるわけですよ。だからこの電車に乗ってA駅に行くかと言われても、それは何とも言えないんです」

 

それを聞いたわたしは困ってしまって、

「うーん。まぁそうなのでしょうが。この電車の通り道にA駅があるかどうかなんです」

 

と、わたしが言い終わるか終わらないかのうちに男性は

「通り道にA駅があることだけが大事なんですか?A駅に行くことではなくて?では乗り換えとかは絶対あり得ないってことですね?それは目的としてどうなんでしょう」

と言って、隣に座っている男性に視線を移しました。

 

視線を移された隣に座っている細身の男性は、

「うん。それはすでに目的と手段がファンダンデ*1してない感じがしますよ。だいたいあなたのサーベラカス*2は何なんですか?A駅に着きさえすればいいんですか?それが目的なら、なぜそれを確かめてから電車に乗らなかったのですか?それはあなたの落ち度でしょう?」

 

何かわかったようなわからないような感じがして、斜め前の男性に視線を移すと、その男性も振り返って

「A駅に行くということばかりにとらわれていると、この景色も楽しめませんよ。景色を見てないでしょ」

「いえ。見ていました。紅葉もちゃんと」

「見てた?いや、見てたつもりかもしれませんが、あなたは見てないですよ。もう雪景色ですよ。あなたは紅葉しか見てないのではないですか?」

 

あたりは雪景色になっていました。

この時、夢の中でわたしは強く思ったのです。

 

この人たち「はてな」の人たちだって。

 

 

という夢から覚めてみると、咳は止まっていましたし、喉も痛くありません。元気に起きられました。

 

ただ何となくとても疲れています。

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい

*1:意味不明な単語

*2:意味不明