読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

野沢温泉で野沢菜の「おやき」を食べたよ

食べる・飲む 旅・行楽

「どこがおいしいですか?」

と、尋ねたら

「サンアントンはその場で蒸してくれるから時間はかかるけど好きだな」

と、言われたので素直にハウスサンアントンへ。

 

サンアントン...サンアントン...ハウスサンアントン...えーっと。

 

(・_・ ) ( ・_・) ドコドコ?

 

ここか!!!

福田屋~~~

 

f:id:banban:20151028180720j:plain

 

上の看板ばっかり見ていたから、気がつきませんでした。

 

 

[広告]

 

 

おやきは買って帰ることができますが、しばし時間がかかるので、その間に魅惑のジャムたちをあれこれと見てしまいましょう。

 

f:id:banban:20151028180616j:plain

 

ここはジャム工房で、さまざまなジャムと100%のりんごジュース、ジェラートなどが売っているお店です。

 

信州野沢温泉 ホテル ハウスサンアントン の トップページ

 

完熟フルーツから手作り 無添加 甘み控えめですっきり味のジャムをご提供:自家製ジャム ハウスサンアントン

 

カフェもあるのですが、カフェスペースではないところ(?)にも大きなテーブルと椅子があるので、ここで食べさせてもらうことにしました。

 

ジャムはいくつか目星をつけて、それからおやきと一緒に飲むためにりんごジュースをいただきました。りんごジュースにもりんごの種類がいろいろあって目移りしましたが、やっぱり紅玉にしました。

 

f:id:banban:20151028180630j:plain

 

素敵。

安くなっていました。

 

うろおぼえだけど700円が400円くらいになっていたような。

旅は財布の紐がゆるくなってしまいますが、これには満足。

 

りんごの風味と酸味。

その酸味にまけない甘み。

 

ゆったりとしているうちに、おやきできあがり。

 

f:id:banban:20151028180627j:plain

 

野沢菜のおやき。

ほっかほかです。

 

前に食べたときに

「何でこんな素朴なものがこんなにおいしいのかっ!!」

と、衝撃を受けたので、再確認です。

 

f:id:banban:20151028180620j:plain

f:id:banban:20151028180623j:plain

 

やっぱりおいしい。

 

この野沢菜のしょっぱいおやきと、

甘みのある小豆やかぼちゃのおやきを交互に食べる。

 

そうすると、いくらでも食べられるかのような

「幸せのループ」

に、はまります。

 

おいしかったなぁ

と、長野の人に話したら

「だったら作ってあげたのに!!」

と、言われました。

 

自分でも作れるのでしょうが...

 

ホマレ姉さんのレシピ↓↓

www.homarecipe.com

 

寒くなったらますますこういうおやつがうれしいですね。

今日はここまで。

 

 長野シリーズ↓↓

banban.hatenablog.com

banban.hatenablog.com

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい