読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

北信州そば処 幸輪の「そば粉」と「水」のみの手打ち十割そばを塩で

食べる・飲む

ラーメンも素麺もうどんも好きですが蕎麦が大好きです。

 

でもね、お蕎麦は高いんですよ。

でもね、おいしいお蕎麦はわたしの幸せの素なんです。

 

banban.hatenablog.com

 

がっつり食べられるのもいいんだけど、おいしいお蕎麦食べたい。

 

ということで、信州でお蕎麦です。

 

f:id:banban:20151021221819j:plain

 

北陸新幹線の長野駅から一駅の飯山駅。

飯山駅から少し行ったところにあります。

 

飯山市鍋倉高原の畑で、土づくりからこだわった健康な土で育てたそば粉を使用し、木島平の内山の水と粉だけで打った生粉打ちそばを楽しんでいただけます。

そば処 幸輪 | 信越自然郷

 

十割そばのおいしいのを食べたい!!

 

十割そばなのに、細い長い!  のどごしつるつる! そばの香りがすごい! 小麦アレルギーの方でも安心してそばを楽しめます。 信州北信濃飯山、鍋倉高原の畑で、無化学肥料、無農薬で健康な土で栽培されたそば粉。そして、木島平内山の天然水。この厳選素材だけで打った十割手打ちそばを楽しめるそば屋です。 北信州の自然で育てたそばは多くの栄養素が分析され、安全・安心な食として、自信を持っておすすめできる逸品! ここは昔ながらの信州そばを堪能できるお店です。 ご来店をお待ち申し上げております。

そば処 幸輪 | 志賀高原/北志賀 | ヒトサラ

 

そうなのです。

ここのお蕎麦は十割蕎麦。

 

 

[広告]

 

 

ほほほ~~~

 

飯山鍋倉高原の畑で無化学肥料、無農薬で健康な土で栽培された「そば粉」と「木島平内山の天然水」。当店のそば粉は、このふたつのみで打つ「生粉打ち」です。まじり気のないそばの香りをお楽しみいただけます。

 

こだわりのそば粉と水のみで打つ『手打ち 十割そば』

当店のそばは、「そば粉」と「水」のみで打ちます。独自のツルリとした食感は格別で、気に入って足を運んでくださるお客様も多いです。世間一般的な十割そばとの違いを、ぜひ一度味わってみてください。

料理人 深田 幸男 氏 | そば処 幸輪 | 志賀高原/北志賀 | ヒトサラ

 

店の写真とか風景とか、すっかり撮影するのを忘れました。

 

ランチでミニねぎとろ丼がついて1000円(だったかな)。

 

最初は塩で。

薬味の葱やわさびはなしで、そばの味を楽しみます。

 

f:id:banban:20151021221821j:plain

 

塩をぱらぱらかけてもいいけど、箸に塩をつけて蕎麦を少しずつたぐり寄せて食べます。よりお蕎麦の味が感じられます。

 

手打ち十割蕎麦って言うと、ちょっと滑らかさに欠けて、ボソボソしていたり食べにくいイメージがあります。「これならわざわざ十割じゃなくてもいいな」と思うことも。

 

ですが、こちらのお蕎麦は「え?十割なの」と思うような美しさと滑らかさ。香りも「ああ~お蕎麦食べてる~」という感じです。

 

するするっと入ってしまいます。

 

そばに夢中になっているときにねぎとろ丼が来たので、わたしとしたことが、ねぎとろ丼は撮影するのを忘れました。

 

f:id:banban:20151021221823j:plain

 

つゆも丁度わたし好み。

丁寧なおダシの味。

 

そして翌日。

また来ちゃった!(・ω<)テヘ

 

今度も同じミニねぎとろ丼がついているランチですが、150円プラスして、とろろをつけてみました。

 

f:id:banban:20151021221825j:plain

 

んわ~~~

このとろろがまた旨いんだよ!!

 

f:id:banban:20151021221827j:plain

 

またしても、ねぎとろ丼を撮るのを忘れました(´・ω・`)

わたしとしたことが(2)

 

こちらは温かいお蕎麦。

 

f:id:banban:20151021221816j:plain

 

これもこれでいいんだなー。

 

蕎麦も旨いけど、めんつゆも旨いわ。

 

ふぅ~~~。

満足。

 

蕎麦御膳とか他にもいろいろ楽しめそうなので、機会があればまた伺いたいです。

 

小食な人でも大丈夫。

レディースランチで半そば半丼もありますよ。

 

それにしても、蕎麦を食べに信州まで来ちゃうわたしって

 

ウソです。

 

所用があって、そのために来たのです。

確かに!絶対に!確実に!お蕎麦を食べる気満々だったことは否まないのですが。

 

久しぶりの本当に久しぶりの旅でした。

ふらりと旅に出られる身分になりたいものです。

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい