読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

じんましんの丘

※注意!かゆい画像あります。

 

小さいころよく蕁麻疹(じんましん)が出ました。

 

じんましんとひとことで言っても、見た目も症状も原因もさまざまなのです。

 

わたしの場合は、最初に小さな丸いふくらみができます。ぽちっとしたかわいい丸い丘のようなじんましんです。

 

早めにじんましんに気がついたら、それはたいてい直径1cmくらいの大きさです。

 

気がつかずにポリポリかいていると、大きくなるので、だいたい「あっ」と思ったときは直径2cmくらいになっています。

 

かきむしらなければ、色も特に変わりませんから、本当にただの小さな丸い丘です(ただしかゆいのですが)。

 

それがいくつかできます。

 

いくつかできてくると、どんどんかゆくなるので、服の上からでもかきます。

 

時間が経つにつれてかゆみがひき、丘がなくなり、何事もなかったように平野に戻ります。かきむしらず、傷をつけずにいれば「あれは一体何だったんだろう?」というくらい、きれいに跡形もなくなりなるのです。でも、どうしても痒いのでかいてしまいます。

 

[広告]

 

かゆいところをかくのは気持ちがいいんです。

 

ですから小さいころは、気にせずにかきむしりました。母に「かいちゃだめ」と言われるので隠れてかきます。

 

小さいまあるい丘がひとつできて、しばらくすると、そこから2-3cm離れたところにも小さな丘ができます。

 

「あ。こっちにもあった」

とかいていると、その横にも丸い丘ができています。

 

「こっちもかー。こっちのほうがかゆいな」

と、かいていると、次第に小さかったはずの丸い丘は、どんどん大きくなってしまいます。

 

f:id:banban:20140830175110j:plain

 

最初の丘が少し大きくなって、隣の丘も大きくなって、その横の丘も大きくなって、いつのまにか小さかった丘は一つの大きな丘に変わっていきます。

 

「かゆいの?薬塗ってあげるから」

 

と、母に言われて、服をめくると、すでに小さい丘はなくなっています。小さな丘は大きくなり、丘と丘がくっついて、大陸ができています。

 

かゆみの大陸。

じんましんの大陸です。

 

「あああああああああ・・・・いやだ(気持ち悪い)

 

母はものすごく嫌がって、次第に薬を塗るのを嫌がるようになりました。

 

大陸ができた背中や腿を誇らしげに差し出すわたしに、母は言いました。

「自分は見えないかもしれないけど、すごく気持ち悪いのよ」

 

ええええ?すごく、ぼこぼこしていて、さわると気持ちいいのに。

 

かゆいのはたまらなくつらかったのですが、大きな大陸ができあがったことに、何かわたしは大きな達成感を抱いていました。

 

小さなじんましんの丘が、大きな大陸になる。

見よ!この大陸を。

 

 

われながらバカかと。

 

このじんましん。

 

小さいころは薬を飲んだり、塗り薬を塗ったりしていましたが、酷かったのは未就学児から小学生くらいまででしょうか。だんだん、ひどい症状は出なくなりました。

 

 

最近ね。

また、出るんですよ(ΦωΦ)フフフフフフ・・・・

 

じんましんの大陸まではいきませんが、じんましんの列島くらいはいくでしょうか。

 

いいのが撮れなかったのですが、すでにかきむしって小さい丘がくっついたところです。一番酷いところは、ちょっと写真に撮ってアップできない場所なので、左肩一面です。

 

f:id:banban:20140830173152j:plain

 

写真だと小さく見えるのが残念です。

 

※画像追加

f:id:banban:20140914204942j:plain

f:id:banban:20140914205007j:plain

f:id:banban:20140914212454j:plain

 

今日はここまで~

[広告]

 

■合わせて読みたい