読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

今年もおせち料理を予約したから

「今年もおせち料理を予約したから」

母にそう言いました。

 

おせち料理を買うことにしたのはいつからだったかなーと思って調べたら、もう何年も前からでした。以前はおせち料理を特においしいと思っていませんでしたし、煮物とかは好きだけど、別におせち料理じゃなくてもいいし、お餅は好きで、お雑煮とか磯辺とかきな粉でたっぷり食べたいけど、特におせち料理である必要性も感じていませんでした。小さいころはむしろ嫌いでした。正月からラーメンとかラーメンとか普通の料理を食べていたかったです。おせち料理で好きだったのは、母が作った煮物、黒豆、あとは紀文の伊達巻きでしょうか。

 

そもそも母のところに正月に行くようになったのはいつからだったかしら。いまから思うと、正月も母は1人だったりしたんだよなーと、ちょっと申し訳ない気持ちになります。きっちりきっちりだった母もおせち料理を作らなくなってしまいました。1人だとそりゃそうですよね。食べきれませんし、高いですし、おせち料理の中で好きな物をいくつかピックアップして買って、あとは煮物とお雑煮の汁だけ作ってお正月を迎えるようになっていました。

 

 

[広告]

 

 

母の正月の食卓が寂しい感じもするから、おせち料理買って持って行ってあげようか。年に1度のことだし。

 

と思って、おせち料理を買って持っていくことにしました。最初は母も「もったいない。おせちは買うと高いのに」と言っていましたが、あれ、スーパーとかデパートで単品で好きな物を買って詰めても、合計すると結局、結構、高くなりますよね。だったら、ネットで比較的安めのお得な感じの物を買ったらどうかなーと、試してみたのが、もう何年も前。そしてその翌年とかにグルーポンおせち料理事件があったりして、どきどきしたのですが、母の家に持って行くために、わたしがおせち料理を買って用意するのも、すっかり年末のお約束になりました。

 

毎年「そろそろおせち料理を注文するけど、一緒に食べられるよね?」と、一応、母の予定を聞きます。母は毎年「それまで生きているかわからない」とか「高いからいいよ」と言います。言い続けてきました。だからわたしも「そんなこと言わないでよ」「大丈夫だよ。生きてるってば」といい続けてきましたが、何と!今年は!!とうとう!!(←ぐるナイのノリで)「あぁ。そういう季節になったわね」と、あっさり。

勝った!!

ということで、今年も注文完了です。

おせち料理 ネット購入のポイント

早めにチェックを始める

最初に注文したときには「ぎりぎりのほうが安くなるんじゃないかな」と思って、年末も差し迫ってから探し始めました。いいなぁと思うものは既に売り切れて、焦りまくり。おせち料理に限っては早めにチェックし始めるのがよいです。

楽天ならスーパーセールの時とかも狙い目

店舗によりますが、早割やセールで、10000円くらいのおせち料理が2000円くらい安くなったりします。

やっぱりレビューを見よう

もちろん、注文する年のおせち料理のレビューは ありませんが、何年かやっているお店なら前年度前々年度のものを参考にします。

配達日は12月30日がいいかな

配達日は12月30日、31日のところが多いですが、31日だともしかして何かトラブルや不都合があったときに心配です。わたしみたいに母と食べるおせち料理で、なかったらなかったで「ごめんねー」って言えるならよいですが、お正月のイベントを大切に思っているお家だと31日配達は避けた方がよさそうです。

 

かといって、あまり早いと受け取ったあとに置いておく場所と保存が心配になりますから、やはり30日に配達をしてもらうように注文しています。

元旦までの保存

受け取ったあとはそのまま冷蔵庫に突っ込んで保存で解凍できればよいです。でも、そのまま冷蔵庫に入らないことのほうが多かったので、そういうときは外箱から出して、3段を分けて、それぞれの段をラップで包んで冷蔵保存します。寒い寒いところが家にあれば、そこに何時間か出しておいてもよさそうですが、母に食わせることも考えるとやっぱり念のため冷蔵保存ですなぁ。

盛り付け済みのを買うのだ 

盛り付け済みで、解凍するだけで食べられるお節料理が便利です。ネットで買う食材やお料理写真は実物よりも何倍もよく見えることが多いのですが、おせち料理については、開けたとたんに「うわ~ネットで見た写真と同じだ~」と思うことが多いです。ここまでハズレなし。わたし自分の盛り付け力にまったく自信がないので!わたし失敗するので!(←ドクターX ~外科医・大門未知子の感じで)

何人分のおせち料理を買う? 

特別におせち料理が好きな人がいなければ、人数ギリギリか少なめの物を一つ購入して、あとはお雑煮とか、煮物とか、わたしが大好きなので追加の伊達巻きとか、ケーキとかマカロンとかケーキとかアイスとかケーキとかがあれば十分。家族4~5人で2~3人前のおせち料理を注文して「あっという間になくなってしまった」「もっと食べたかったね~」という感じがよいのではないかと思います。

2012年のおせち料理 栗きんとんの栗が多くて嬉しい~胡桃も好き

2012年以前の写真が見あたらなかったので、2012年からのお節料理をアップしておきますね。最近は 板前魂 おせち のが多かったです)。1年に1回ですが、毎年同じお店だと飽きてしまうので、できるだけ同じお店にしたくないのですが、ハズレるのもいやですし、値段と中身をあれこれ比べると、好みのせいか、結局同じようなお店で選ぶことが多くなってしまいました。

 

f:id:banban:20161119142649j:plain

2013年のおせち料理 烏賊の松笠焼きとか帆立とか柔らかくてうまいのよ

f:id:banban:20161119142710j:plain

f:id:banban:20161119142707j:plain

2014年のおせち料理 鮑で豪華さを演出。オードブルっぽいのが意外といけた

f:id:banban:20161119142739j:plainf:id:banban:20161119142744j:plain

みんなのおせち工房 

2015年のおせち料理 蛸と貝が柔らかく煮てあって年寄りの母でも大丈夫

f:id:banban:20161119143126j:plain

f:id:banban:20161119143130j:plain

f:id:banban:20161119143135j:plain

2016年のおせち料理 海老と鮑と蟹!盛り付けが可愛らしかったー

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/banban/20160101/20160101221331.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/banban/20160101/20160101221330.jpg

海鮮かに処 

で、2017年の正月のおせち料理はこれにした!伊勢エビとキャビア

おせち料理 大吉

   

今年も、っていうか来年もおせち料理を楽しみにしつつ

今日はここまで。

 

たくさんアフィ貼っておきますね ↓↓(´m`)クスクス 気に入ったのが見つかりますように

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい