読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

サラダに入っていたあれはね。

小さな不運 第2弾です。

 

あれですよ。

 

修学旅行とかでも、「大丈夫!大丈夫!先生いないから」と、少しずつ部屋を抜け出して、「誰も見つからないから、大丈夫だから!」と言われて、部屋を出たとたんに一番怖い先生と遭遇してしまう人。

 

「あの先生は宿題は出すけどめったに提出はさせないからねー」という宿題を1回だけ忘れていったら、それが提出日だった人。

 

そういうのがわたしですよ。

家族からは「よりによっての人」と言われていました。

「みんな行ってるモン!」

「みんなやってるモン!」

 

「あんたはよりによっての人だからねぇ・・・やめたら?」

母の気持ちも今ならわかります。

ですから、できうる限り真っ当に生きていこうと思っているんですけどね。

 

[広告]

 

サラダの黒胡椒の話

小腹が空いたので、フードコートっぽいところで軽くお食事したときのことです。セットには小さなサラダがついていました。

 

食べていると、小さな黒い粒がありました。別に気にも留めずに食べすすんで、最後にその粒が残ったので食べようかと思って、ふとフォークを止めて見ました。

 

f:id:banban:20140906103239g:plain

 

 

見ました。

 

f:id:banban:20140906103251g:plain

 

 

見ました。

 

じっと見ていたら、その小さい黒胡椒から、細い細い手足が出てきました。

 

f:id:banban:20140906103258g:plain

 

動いています。

 

サラダほとんど食べちゃいましたしね。いいのですが、一応言っておこうと思い、カウンターに持って行きました。

 

「あの。これ、虫が入っていました」

と、渡すと、若い女性の店員さんもジーーーーっと見て

 

「はっ(キャッ)申し訳ありません!いますぐ!いますぐ!!!代わりの品をっ~~!!」

「いえいえ!!だいたい食べたのでもういいです」

と言いましたが、店員さん大慌てで

「少々お待ちください!!そこで!そちらで!!!お待ちください!!!」

 

と、奥へ引っ込んでしまいました。どうやら責任者らしき人に説明してくれている様子でした。

 

しばらくすると、年配の責任者らしき男性(以下店長)が、小皿を片手にゆったりと登場しました。このゆったりぶりが、これまた、女の子と対照的で。

 

そして店長さんは言いました。 

「これですね」

「はい」

 

「入っていたんですね」

「はい」

 

「これね、ハエとか・・・っていう飛んできた虫じゃないんですよ」

「・・・・はい(?)」

 

「そういう虫じゃないんですよ」

「・・・」

 

 

「これはね。テントウムシ!(ニッコリ)

 

f:id:banban:20140906105123j:plain

 

え?ええ?

それは・・・?

で?

 

「だからね、飛んでるハエとかじゃないんですよ(ニッコニコ)」

「は・・はい」

 

「でも、ヤダですよねーこういうの入ってたら。もう一皿お出しするので食べませんか?」

「はい・・・まあ。もういいです」

 

「そりゃもういやになっちゃいますよねー本当に申し訳ありませんでしたーこれからは気をつけますーでも、これテントウムシですから

「はい・・・」

 

ふぅ~~

衝撃の展開。

 

たしかにテントウムシは益虫なんですけど、そこを推されるとは思いませんでした。

 

サラダレジェンドでした。

今日はここまで~

 

[広告]

 

■合わせて読みたい