読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

責めない人

思う・考える・学ぶ

責めない人がいいな、という話です。

わたしの友人で責めない人がいます。

責めない人をAさんとします。

 

なにかトラブルがあったときに、それを引き起こした人をAさんが責めるのを見たことがありません。

 

たとえば、Aさん関連の撮影。30分掛けて撮影したものが、すべて意図の通りに写っていませんでした。

 

f:id:banban:20141021153410j:plain

写真素材 足成

 

カメラのケーブルの接触の問題でもあったようですが、撮影者が確認していれば途中で気がついたことです。

 

全て撮影し直しになります。

 

「撮れてなかったの?」

「・・・はい」

「全部?」

「・・・はい」

 

「じゃーもう一度撮り直しますかー」

 

[広告]

 

気軽なことではないのです。

それ。

関係者はみんなわかっているのです。

でも、Aさんは責めません。

 

わたしも日頃から「失敗は責めない」と自分の中では思っていますが、それでもこの状況なら責めなくても、青ざめている担当者に向かって

「えええーー!?」

くらいは言っちゃいそうです。

 

暗くなって声も小さくなっている担当者に向かって

「あぁ・・・」

くらいのため息をついてしまいそうです。

 

でもAさんはそれすらないんですね。

「気持ちよく先にすすめた方が良いから」

 

理屈ではそうなのです。

 

でも、

でも、

だって、人間だもの。

 

渾身こめて緊張して全力出してやったことが、パーになる、無かったことになるって、つらいですし、ため息くらいはついてしまいそうなんですが、

 

「ため息つく意味がわからない」

と、笑えるんですね。

 

なんつーか、人間ができているというか、人間の器が違うというか、こんな人になりたいというか、こんな人になりたいけど一生なれないだろお前、っていうか。

 

一緒に何かをやるときに、スカッとするほど気持ちいいんですね。

 

怒らない人ではないのです。

怒ります。

叱ります。

でも、失敗は責めない。

 

そのさじ加減が本当に気持ちよい人。

アメニモマケズカゼニモマケズ

そういう人にわたしもなりたい。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい