読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

毎日がスペシャルで今日もいつもの一日でバンザイ

体の弱い人の世界(健康・不健康) 怖い話・不思議な話・不運 わたしのおすすめ記事

「どうしてそうやって刹那的に生きているの?」

と言われたティーンから20代前半。

 

言われた「刹那的」には「自暴自棄」みたいなニュアンスが多分にありました。

 

「自分を大切にしない人だねっ!」という非難。

 

犯罪をおこしたわけでも、自ら危険に飛込んでいったつもりもないけど(見方によっては飛込んでいたらしいけど)、「別にいつ死んでもいい(かな)」とか思っていた頃。

 

同乗していた車がカーブを曲がり損ね、あわや崖下に転落というところを、運転者がハンドルを切って崖と反対の山に突っ込み、木に激突、エンジン一発ストップ。車全損。同乗者全員負傷。

 

その、まっただ中、わたしだけが冷静にその情景を見ていました。

 

[広告]

 

 

一瞬の出来事なのに、まるでスローモーションのようにひとこまひとこま覚えています。そして「ああ、これで死ぬのかな」と思っていました。

 

誰も死なず、酷い後遺症が残るような怪我をしなかったことが幸いでした。

 

その前も自動車にはね飛ばされたりしていますが、 

母より長生きしなくては、と思ったのがその頃かもしれません。

苦労した母をこれ以上悲しませてはいけない、と思ったのです。

(母、長生き過ぎるから、もうどっちが先でもいいんじゃね?とか今は思うこともありますが)

 

死について考えない日はありません、くらい、普段から身近に考えていますし、その話題はタブー視していません。

 

よくある話題としては、「あと1日しか生きられなかったら何をする?」ですが、

 

いつも通りです。

いつも通りにしたいです。

そういう自分でありたいです。

(最後に食べるのがフレンチフルコースじゃなくて、サッポロ一番塩ラーメンでもいいです。バンザイです。)

 

いつだって「明日生きている」とは限らないから。

 

だから人と別れるときはできるだけ笑って別れたいし、送り出すときも笑顔で送り出したいけど、それがいつも完璧にできなくても、それはそれでいいのです。

 

それが日常だから。

ビバ!日常。

 

サボってしまった自分も、

何も成し遂げられなかった自分も、

それも、今日のわたしで、

さらに、明日のわたしで

さらに、あさってのわたし

さらに

冨士ハム キング サラミソーセージ 150g 10本入り

これはサラミ。

 

 いまは刹那的とは正反対に

「意地汚いくらい生きている」

と思ったのですが、

 

ああ、それも刹那主義なのかな、と思ったこの記事。



うん。

わたしもそんな感じです。

 

いまのわたしはプライベートなことは、目の前の小さなしあわせー♪なことを素通りせずに見て、世界を祝福したい、という気持ちです。

 

持てるカード、手に入れられるカードが減ったということなのかもしれません。この心境は。

 

現実はもちろん幸せなことだけではありません。悲しい出来事も辛いこともたくさんあります。でもそれはそれこれはこれ。楽しいことと悲しいことは相殺するものではないのです。

 

そして、だからといって何も努力をしないということではないですが、ちょっとね、力が抜けたというか、反省懺悔の日々というか、また来世っていうか。

 

ということで、定番ではございますが、

皆様の益々のご清祥をお祈りしております。

 

今日はここまで。

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい