読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

よろこんで寝る。寝ることを楽しむ。幸せないい眠りの練習をする

今年の 1月2日の「ほぼ日刊イトイ新聞」の今日のダーリン。

冒頭のエッセイで糸井さんがこんなことを書いていました。

ここ1週間くらい、寝る練習をしているんです。
寝ることそのものについては、これはもう大得意で、
いつでも寝られる、どこでも寝られる、すぐ寝られます。
でも、 ぼくには、
寝ることをよろこぶ、という姿勢がなかったのです。

 

衝撃を受けました。

そうです。

まさにわたしもそうです。

まるで、義務であるかのように、
毎夜、「もう寝なきゃ」と思って寝ていたのです。

 

昔から朝が弱く、宵っ張りの朝寝坊。

寝たくないけど、一度寝たら起きたくない。

 

なかなか寝ないから、朝は起きたくないです。でもあまり寝ないからどこでも寝ちゃったりします。

 

[広告]

 

美容院や、歯医者など横になるところは確実に寝ます。横にならなくてもネイルや乗り物では寝ます。電車では立ったまま寝ていましたし、仕事で説明をしながらしゃべりながらフゥっと寝てしまっていたこともあります。

 

ダメですね。

 

そして一度寝たら起きたくないので、二度寝三度寝もあたりまえ。遅刻する夢を今でもしょっちゅう見るのは多分このせいだと思います。これまでそれなりに人生よくやってこれたと思います。厳しい友人のおかげかもしれません(5分前集合の掟)。

 

今は昔ほど朝寝坊をしなくなりましたが、もし寝なくていいなら寝なくていいし、眠ることが楽しみという感覚はわたしにはなかったと思います。

 

なんですが、

 

わたしの仲の良い人たちは、寝ることが大好きです。だからダラダラせずに寝ちゃいます。スッと寝るので朝もスッと起きます。起きたらすぐお腹が空いていて、朝食の準備をして朝食を食べます。

 

うらやましい。

 

親しくしている人たちはみんなそんな感じの人で、わたしに言います。

「健康は早寝から」

「太るのも、体調が悪くなるのも、みんな早寝しないから」

 

これは言い過ぎだと思うのですが、「一事が万事だからね!!」とか言われると(゚-゚;)ウーン。やつらはみんな丈夫。ビックリするほど丈夫です。だから「早起き教がっ!」とうそぶくことはできても、反論はできません。

 

そして、やつらは眠りに入るときに笑みまで浮かべます。笑顔で寝支度します。

 

「なんで笑っているの?」

と、聞くと

「だってぇーもう今日は寝られるから嬉しいじゃない。お布団が気持ちいいし」

と、にこにこ顔。

 

そうかー

そうなのかー

 

twitterでもオフトゥンオフトォン言っている人たちの多いこと。

えこさんも↓



「おふとんに包まれたい」というのはわかります。寝るのが気持ちいいというのもわかります。

 

わたしも小さいころは寝ることが気持ちよかったかなぁ。たぶんそうだったよな。いやそうじゃなかったかなぁ。あれ?

 

はぁぁぁぁーやっぱり、そうじゃなかった気がします。

 

大人になってやりたいことの1つが「毎日夜更かしする」でしたから。

 

眠るのを楽しみにするという感覚は、ここしばらく本当にありませんでした。

 

寝るときには

「ああ、寝なくちゃ(-_-#) 」

「遅くなっちゃった寝なくちゃ(-_-#)

「明日は早起きするから早く寝ればよかった(-_-#)

「明日、雨が降ったら靴はどうしようか(-_-#)

「そういえば、あの人に連絡したかな(-_-#)

「うわー天井がぐるぐるするよ。飲み過ぎたよ(-_-#) 」

 

(-_-#) (-_-#) (-_-#) (-_-#) (-_-#) 

ですよ。まさにこんな顔。

ちっとも寝ることを楽しんでいません。

 

f:id:banban:20150122183230j:plain

 

今日、無事に布団に入って眠れることの幸せとか、気持ちよさとか、お布団マジ感謝なんてことは、少しも考えていませんでした。

 

歯周病の治療もしているわけですが、そういえば、そこでも最初から今でも先生に言われていることが、「力を抜いていい眠りを 」です。

それの意味がわかっていませんでした。

 

目から鱗ってこんな感じだと思います。

ほぼ日の今日のダーリンを読んで、

「ああああ。そういうことだったかー」

と思い至ったのです。

 

「人が寝る」って、なんていいことなんだ。
これを、ありがたいうれしいと思う練習を、
いま、やっているということなのです。

<ほぼ日刊イトイ新聞 1月2日 今日のダーリンより>

 

わたしも

「寝ることを楽しむこと」

「よろこんで寝ること」

をしようと思っています。

 

f:id:banban:20150122183157j:plain

枕とか、マットとか、照明とか、アロマとか、耳栓とか、多分、それ以前のことだったんじゃないかと思いました。

 

わたしのまわりの寝ることが好きな人は、健康的ないい人です。だと思います。だと思っています。わたしのあこがれだったりもします。

 

いまそんな人に近づくべく、わたしが具体的にしていることはこれです。 

  • 寝ることにいいイメージを抱く。
  • 体が温まっている状態で布団に入る。
  • 布団に入ったら、深呼吸してにっこりする。
  • 寝るのは気持ちいいなーってつぶやく。

まだこれだけです。 

 

でも、そんな感じで練習をしてみます。

何かが変わるかどうかはわかりませんが。

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい