読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

傘がない

小学生の頃、忘れ物チャンピオンとして名を馳せ

 


昨日なんか、物忘れボケ世界選手権にノミネートされそうな勢いの記事をアップしたわたし。

 

もちろん、失せ物も多々あるわけで、先日はいただいたばかりの商品券2000円をなくしてしまい、かなり探しました。でも見つかりませんでした。いつか出てくる?と思って、何回かにわけて探してみましたが見つかりませんでした。どこかに挟んでいる?いや、袋ごと捨ててしまった?もう探しても見つからないんじゃないかしら。と、悔やんでいたら「2000円でそんなに時間かけるよりも稼げば?」と言われ、ぐぎぎぎぎぎぎぎg

 

でも、はるなさんちで可愛がってもらえるみたいで安心しました。有効にお使いください(謎の上から目線)

 

 

と、そんな、迂闊者、粗忽者、ボケまっしぐらなわたしではありますが、実は忘れ物の定番である傘と財布はなくしたことがありません。

 

 

[広告]

 

 

われながらエライと思っています。

 

財布は一度「なくした!」と思って、問い合わせをしているうちに、本棚にひょいっと置いてあるのを発見しました。「なぜ?こんなところに!」「誰?こんなところに!」誰あろうわたししかいないので、わたしが置いたに違いないのですが。

 

傘です。

傘。

 

 

お気に入りの傘。

 

淡いグリーンが基調のデザイン性の強い傘でシンプルなのですが、この傘をさすと美人度アップ。顔が隠れるだけに美人度アップ。 値段が高いものではありませんが、よく褒められました。あ、褒められたのは傘のデザインね。

 

いつも家に置いておく傘なので、出かけるときから雨が降っていなければ使いません。先日使おうと思ったら玄関にありませんでした。ありえない。ありえない。あるはずなのに。ええええええええ?なぜないの?車の中に置き忘れたかな?それならありそう。

 

車でお出かけだったので、濡れながら駐車場にダッシュしてしのぎました。そして車の中にはありませんでした。

 

あの傘。

最後に使ったのはいつだっただろうか。

 

別にいいんですよ。もう何年も使いましたし、ちょっと新しいのが欲しいかもーとも思っていたので。

 

でも、「バスに忘れてきた」とか「店の傘立てに入れていたらなくなった」と、あきらかになくなった理由と経緯がわかっているならいいのです。そうでないことが、何となくモヤモヤモヤモヤするのです。

 

くっそーーー!

 

それからちょっと思い当たる店とか銀行を訪ねてみましたが、見つかりませんでした。思い当たらないところも探してみましたが見つかりませんでした。もう思い当たるところはありません。

 

あきらめましょう。でも、しばらく新しい傘は買わずにいます。え?こんなところにあった?!と、どこかから出てくるかもしれないので。例えば車の中からとか...(もう一度、後部座席の境とか探してみよう)

 

今日はここまで。

 

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい