読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

母の日は5月10日ですが今日カーネーションの鉢を母にプレゼントしました。

最近のマイブームは土活です。

どかつ?つちかつ?。

要はガーデニング?園芸?プチ野菜作り?みたいなことをしているわけです。

 

 

GWに母のところへ、ちょいと顔を出してきました。

で、最近わたしが土活していることを色々と話しました。

 

お花の苗はひとっつも買わずに、野菜の苗を買ったこと、育ててみようかなーって思う野菜は過去に母が育てていたものが多いということに気がついたこと、なんかを話しました。

 

そうなのです。母は無駄に広かった敷地を一人で掘り起こして、野菜を作っていたことがあったのです。

 

[広告]

 

 

茄子とかトウモロコシとかキュウリとか。わたしが育てられそうだなーと思うものは、わたしが子どもの頃、母が育てていた野菜でした。

 

わたし「トマトとかもやってたよねー」

母「トマトはやってない」

わたし「やってたじゃん。裏庭で」

母「トマトはやったけどダメになったから作ってないよ」

 

記憶の不確かさよ。

わたしの記憶の中では、

 

それは夏。裏庭に母が植えたトマトが実をつけます。小さかった緑のトマトがだんだん大きくなっていき、色づき赤くなるのが楽しみでした。夏の朝、母に「トマト取ってきて」と言われた小学生のわたし。ボウルを手にサンダル履いて裏庭に出て、もぎ取った真っ赤なトマト。一番赤そうなトマトをキュキュッとスカートでふいて囓ってみたら、ちょっと酸っぱかったけど口に中いっぱいに夏の味が広がって、何とも言えない美味しさだっ...(゚∇゚ ;)エッ!? 妄想?

 

恐るべし脳。

恐るべしわたしの脳。

 

どうやら昨日のことのように浮かぶその素敵映像は妄想だったようです。または母が忘れているのかもしれません。

 

 

ということで、母のお薦めは「枝豆」でした。 

 

「枝豆は枯れた土地でもまあまあ育つし、育てやすいのよ」「しかも...

おいしいしっ!!

そこか!みんな枝豆好きだしね。

 

「じゃ、お母さんも育てなよ!!」

「場所がないから」

「プランターでいいじゃん」

「それも置く場所が」

「動かせばいいんだよ。小さいプランターにして昼間はこっちにおいて、夜はこっちに」

 

とか、いろいろ話したので、昨日、母の日プレゼント枝豆を買いにホームセンターへ行ってきました。

 

苗は100円程度で買えたので、あとはプランター。石とか土はわたしが持っているから、苗とプランターを買ってセットして母の家に持って行けばいいのです。

 

で、土を入れても母がギリギリ持てるくらいのプランターを持って、聞いてみました。

 

「この枝豆の苗3つに、このプランターでも大丈夫ですか?」

 

全然ダメでした。深さも幅も。もうレベルがちがうくらいのものを勧められて、結局枝豆は断念しました。枝豆といえども深さとか苗と苗の間はかなり必要なのね...。勧められたプランターは無理。母がこれを動かすのは無理。っていうか、そんなことしてて何かあったら困るし...。

 

ということで、やっぱりお花にしようと!カーネーションの鉢を買いました。そういえばあまりにもベタなのでカーネーションを贈るのはかなり久しぶりかも。

 

選んだのはバスケット付きのゴージャス可愛いもの。ピンクと白のカーネーションがこれでもかっ!と詰まっていました。(←写真とるの忘れた。)

 

2000円くらいだけど、これよりも豪華なもの。

 

ホームセンターすごい!いつも楽天とか見てたけど、ホームセンター全然安い!すごい!

 

今朝ほど、母に届けてきました。

「いや~枝豆がさぁ~」といいわけをしながら。

 

やっぱり花が一番ですよ。

 

 

こんな事をつぶやいちゃいましたけど、喜んでもらえるのはやっぱり嬉しいです。

(今回は珍しく素直に喜んでくれたし)

 

今日はここまで~

 

[広告]

 

■合わせて読みたい