読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

「ねぇ。いくつなの?」「何歳?」と聞かれたら答えは

「ねぇ。いくつなの?」

「何歳?」

知り合いの子供たちに聞かれるんですよ。

 

恐る恐る聞く子もいれば、

「そういうことは聞いちゃいけないってママが(`・ω・´)キリッ」

という子もいれば、

「なんでぇ?!ーいくつー?何歳ー?」

と、元気よくテヲアゲテ聞いてくる子もいます。

 

「教えてよー教えてーーー(オジイサン)」

 

別に年齢くらい教えても全然よいのですが、教えても何一つ面白い展開にならないんですね。

 

わたしにとって「面白い」は、大きな評価基準です。

 

[広告]

 

年齢を言ったところで

「そっか。でねジバニャンがね」←男の子に多い(聞いてないだろ)

「えーーー若く見えるね」←女の子に多い(社交性高し)

「え?そんなに歳なの?(*゚0゚)ハッ!!シマッタ←男の子に多い(迂闊)

 

ですから、子どもたちへの答え方は決めています。

 

 

「いくつーーー?」

「72歳」

 

「えっ?いくつなの?」

「72歳」

 

ポイントは中途半端に40歳とか50歳とか言わないことです。

 

 

「72歳」

「嘘だぁ。本当はいくつなの?」

 

ここまで引っ張ればいろいろな展開ができます。

 

「なんで嘘だと思うの?」

「だって、そんなに生きてるわけないじゃん」

「生きてるよ」

「・・・でもおばあちゃんには見えない」←これは言わせたいポイント

 

そして、ここまで来たら小さい声で

「実はね。魔女なんだよ・・・」

 

いひひひひひ

f:id:banban:20140904111656g:plain

↑おリボンをあしらってみました。 

 

「嘘だね!嘘だね!!!!」←男の子ほど必死になる。

「嘘かなーどうかなー?イヒヒ」

 

「だってさーじゃあさぁ魔法とか使えるわけ」

「まあね」

 

いくらでも話はふくらみます。←途中で大体女の子は飽きる。

 

と、退屈な子どもとの会話を楽しんでいるわけですが、たまには失敗もあります。

 

「ねぇねぇ何歳?おばさん何歳よ?」←最初から挑戦的な女の子

「72歳」

 

「ふーん(しばらく考えて)嘘でしょ?嘘に決まってるじゃーん。何歳よ?」

「72歳」

 

「そうなんだーもっと若いかと思ったー」

「へーいくつくらい?」

70歳くらいだと思ってたヾ(。◣∀◢。)ノニヤリ)」

 ↑

こいつライバル決定。

今日はここまで~

 

昨日の記事↓ ↓

 

[広告]

 

■合わせて読みたい