読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

[映画]きっと、星のせいじゃない。☆難病ものだと思わずに見て欲しいこれは青春のロードムービー

「きっと、星のせいじゃない。」を見てきました。

 

監督はジョシュ・ブーン。

主演はシャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴート。 

 

きっと、星のせいじゃない。


映画「きっと、星のせいじゃない。」公式サイト

 


映画『きっと、星のせいじゃない。』予告編 - YouTube

 

原作は「The Fault In Our Stars」

The Fault in Our Stars

The Fault in Our Stars

 
さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

 

 

主人公のヘイゼル・グレース・ランカスターは、ショートカットの可愛い女の子。

 

末期ガン。

 

すでに命の危機に陥ったこともあり、酸素ボンベも手放せず、学校にも行けず、一人で家にいるグレース。医師に診断された新たな病名は「うつ」。

 

母はそんなグレースを明るくガン患者の集会に行かせようとします。行きたくなーい行きたくなーいというグレースを何とか送り、グレースはいやいや参加することになるのですが、そのガン集会で出会ったのが、やはりガン患者のオーガスタス・ウォーターズ(ガス)。ガスは骨肉腫で片足をなくしてはいたものの、とても明るい行動的な男の子。

 

二人はお互いを意識し(いや、どちらも一目惚れに近いと思う)、お互いの家を行き来し、話し、笑い、スマホで連絡を取り合い、同じガン患者で失明寸前のアイザックを交えて、どんどん仲良くなっていきます。

 

グレースには大好きな作家がいて、その本(ガンの人の話しらしい)をガスに貸します。その本の唐突な終わり方に二人は満足せず、その後、遺された人がどうなったのかを何とかして知ろうとします。

 

 

[広告]

 

 

 

ここから少しのネタバレ、感想

 

 

 

グレースはガスの行動力で、作家に会いに行けることになりました。ただそこまでグレースの体が持つかどうか。家にはお金もない。態勢が整わないので医師も反対します。

 

親として娘に、末期ガンの娘に「お金がない」とあきらめさせなければいけないことはどれだけの痛みだろうか、と、夫婦の気持ちに思いを馳せていましたが、財団の「WISH」をガスが「二人で行かなくちゃ」と説得し、アムステルダムに行けることになります。

 

WISHは日本だとこれかな。

 

こういう展開になると、「ああ、難病ものだからね」「そうなるよね」と思うのですが、この映画はそんなに甘くない。

 

作家のピーター・ヴァン・ホーテン役は、スパイダーマンで悪役のグリーン・ゴブリンがとても素敵だったウィレム・デフォー。

 

これがとんでもない飲んだくれオヤジで、はるばる万難を排してアムステルダムまで来たにもかかわらず、二人は大変不愉快な悲しい思いをしてしまいます。

 

ですが、そこで二人はもっと大切なものを手に入れるのです。

 

きっと、星のせいじゃない。は青春のロードムービー

と、きれいにまとめてみましたが、この映画は難病ものだと思わないで見て欲しいです。

 

わたしは「泣ける映画」みたいなものが好きではないです。泣かそう泣かそうとする演出のあるドキュメンタリーも好きではありません。でもこの映画はおすすめ。

 

この映画に登場する若者3人は揃ってガン患者です。そこに出てくる親たちも揃ってガンの子を持つ親です。悲しくないわけはありません。でも、ユーモアを忘れない。上映中に何度笑いが起きたことか、ニコニコしたことか。

 

アイザックも良い味出しているし、お父さんも愛情溢れていてニヤニヤさせてくれる。

 

これは難病、闘病の映画ではなくて「青春のロードムービー」でいいんじゃないか。あちこちを旅するわけではないけど、大切なものや夢や希望について、誰にでも起こる、誰もが考える出来事。そこが描かれている映画です。

 

難病だから、人が死ぬから感動するんじゃなくて、二人の気持ちに気持ちが揺さぶられるのです。泣いてはいけない、笑ってなくては、そんな気持ちにさせられます。

 

そんな気持ちの人も多かったのではないでしょうか。ガスのほんのちょっとした表情でケラケラ笑ってしまいます。父の言葉にニヤニヤして、友人のアイザックの失恋のくだりで、ドッと笑いが起きてしまいます。

 

「泣ける」とか、そういうキャッチをつけないで、たくさんの人が見るといいな、と思っています。

親と子のすれ違い

生死をさまよっているグレイスを見て辛くなったお母さんは「もう母親をやめたい」と泣きながら夫にいいます。

 

グレイスはボンヤリした意識の中でその言葉を聞いてしまいます。何年もそのことを覚えています。

 

そして母にそのことを告げます。

母は「そういうつもりで言ったのではない」のようなことを言います。

 

あるでしょ。

あるよねー。

そういうこと。

多分、どんな親子でも。

 

口に出して解決できてよかった。逆に口に出さないと解決できないんだ、どんな親子でも。口に出したからと言って解決できるとは限らないけど。

映像が可愛いくて綺麗で素敵

スマホをちょこちょこ見るヘイゼル可愛いし、ピコンとメールが来る吹き出しも可愛い。二人で食事をするレストランも素敵。

 

「シャンパンは星を集めた飲み物」

 

ああ、いちいちそういう小粋なことを言ったり言われたりしたい。

留めておきたい言葉とまとめ

多分多くの人の心に残るであろう言葉ですが、

「0と1の間には無限の数字がある。」

0.1とか0.12とか0.123みたいに、0と1の間には無限に数字を作ることができます。無限にあります。

 

あれもない、これもない、じゃなくて、考え方を変えれば無限のものがある。誰もが無限を持っている。なにか目が覚める気がしました。 

 

たくさんの人のヒーローにならなくても

「一人の特別な人でいいじゃない。」

そう。あなたのヒーロー。わたしのヒーローでいいんです。

 

見終わって暗い気持ちにはなりません。

すがすがしい気持ちになりました。

がんばってみようかなーという気持ちになりました。

 

ガスの楽しもうとするところがとても好きだーー!!

 

「泣ける映画」は好きではないですが、この映画は好き。

そして、少し泣きました。

 

そう、たくさん笑って少しだけ泣いてください。

 

2015年2月20日公開です。

今日はここまで。

きっと、星のせいじゃない。(特別編) [DVD]

きっと、星のせいじゃない。(特別編) [DVD]

 

  

[広告]

 

■合わせて読みたい