読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

思い出を作るために生きているんじゃないんだよ

思う・考える・学ぶ

わたしの中にはいくつか自分で守ろう、気をつけよう、と思っていることがあって、それはこれまでにもいくつかブログに書いていたりするんですが、そのうちの1つに

 

「思い出を作るために生きているんじゃないんだよ」

っていうのがあります。

 

これは先輩に言われた言葉。

 

ゆるふわいずむの

yuki3mori.hateblo.jp

「続けるために続けてるんですか?」とちょっと似ているかな。

似てないかな。

 

 

[広告]

 

 

楽しかったことも

嬉しかったことも

つらかったことも

大変だったことも

 

あとから思えばいい思い出になっていたりします。

 

でも、それはあとから回想して思うことで、その渦中のまっただ中で「これもいい思い出になる」と思ってやっていくのは違うんじゃないかと。

 

 

思い出になるからやる、っていうのは何か違うんだよ。

 

やりたいからやる。やりたくないからやらない。

やらなければいけないから、やりたくないけどやる。

であって、

 

「思い出になるからやる」というのは違うんだよ。

それは逆なんだよ。

 

起きた出来事は全て思い出になるんだから、思い出にするためにやるっていうのは、すごく本気じゃないと思うし、思い出になるから我慢して、やるのも違う。

 

おれたちは、思い出を作るために生きているんじゃないんだよ。

 

 

ガツンと来たのです。

 

赤城 ガツン、とみかん 5本×7箱入 マルチボックス

 

小娘だったわたしには、その言葉が

ガツンと来たのです。

 

赤城 ガツン、と香るもも 5本×7箱入 マルチボックス

 

受動と能動なんじゃないかと、あとから思いました。

 

思い出になるからやる

 

というのは、やることに関しては能動なのでしょうが、思考としては受動に近いものがあるような気がします。

 

 

「思い出になるから行こうよ~ 」

と、誘われても

「いやいやいやいや、思いで作るために行くわけじゃねぇし」

と、心の中で一拍おいてから、

 

その上で、行きたいか行きたくないかを考えて

「行くわ行きます行くとき行こう!参加!参加ー!!」

と、積極参加するようにしています。

 

最近誰からも誘われないですが。

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい