読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

「いつでもいいから」と何度も言われるとやらなくていいかと思ってしまう罠。

「いつでもいいから」

と、何かお願い事をされたときは、できるだけ期日を決めるようにしています。

 

そうしないと、多分それは実現しないから。

 

「今度○○しようねー」

って言われたときは、間髪入れずに

「いつにする?」

「来月は?」

「何曜日がいい?」

とか、言ってみたりします。

 

相手がうろたえたら社交辞令。

 

相手も

「じゃー来月のー」

って来たら、本気度が高いか、流されやすいタイプ。 

 

 

[広告]

 

 

最近はわたしもすっかり 老成 老獪 大人になりましたから、

「今度○○しようねー」

って言われても、時と人と場合によっては

「そうだねー」

って流すことができるようになりました。

 

ましてや、今度○○したくない人なら

「そうだねー」

が無難。

 

人はいいけど○○がしたくないだけなら

「いやです」

「それはやりません」

と、これまた絶対拒否断固拒否の姿勢を表明したりもします。

 

さて、

 

冒頭のお願い事。

 

「いつでもいいから、ちょっと手伝って欲しいのよ。うん。そんなに時間はかからないと思うんだけど。 そうなの。都合の良いときでいいのよ。いつでもいいの。ほんとうにいつでもいいから」

 

こんな感じでお願いされるんですよ。

 

実現させないで「はーい。わかりましたー」って、流していいならいいんだけど、そういうわけにはいかない場合や、流したら流したで激おこぷんぷん丸になってしまう人の場合は

 

「じゃ、来週だったら火曜か水曜。さ来週だったら木曜かなぁどうかなぁ」

と、どんどんその場で話を詰めていきます。

 

「○○日までに終わらせたいの」

 

全然いつでもよくないじゃん!

デッドラインがあるんじゃん!!

 

それでも

 

「そうねぇ。いつでもいいのよ。そんな早くなくてもいいの。来週?そうねぇ。また来週あたりに連絡ちょうだい。いつでもいいから」

 

と、なかなかすっきり決まりません。

 

「じゃ、一応来週の火曜か木曜ってことで」

 

と、むりやり決めちゃうわけですが、

「いつでもいいのよ」と、言われて何となくもやもや。

 

いつでもいいっていうんなら、そんなに重要度高くないのかな。

 

もしかして、こうやってあれこれ言っているうちにいかないですんじゃったりするのかな?とか、ものすごく消極的になってきます。

 

ところが翌々日に催促の電話が。

 

「いつ来てくれる?」

「火曜か水曜に行くって言ったよね」

「うん。そんなこと言ってたね。いつでもいいんだけど」

 

それ罠でしょ。

 

行かないわけに行かないし、

行かないと絶対不機嫌になるよね。

 

あー

もうー

その

「いつでもいいから」

って、やめて。

 

お母さん。

 

今日はここまで。

 

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

 
シルバニアファミリー 人形 ショコラウサギファミリー ショコラウサギのお母さん

シルバニアファミリー 人形 ショコラウサギファミリー ショコラウサギのお母さん

 
お母さん

お母さん

 

  

[広告]

 

■合わせて読みたい