おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

久保田[銀座]朝日酒造の久保田を飲み比べて季節の料理を楽しむ

久保田といえば日本酒。天保元年(1830年)創業の越後の蔵元 朝日酒造の創業当時の屋号「久保田屋」から取った日本酒です。

 

日本酒がそれほど好きではない人でも、「久保田」の名を聞いたことや、一度くらいは飲んだことがあるかもしれません。

 

www.asahi-shuzo.co.jp

 

朝日酒造は新潟県長岡市の酒造。

 

久保田のラベルの和紙も新潟県で漉いています。

新潟県の門出和紙(かどいでわし)。

新潟県高柳町門出の和紙です。

あたたかみがあって好きです。

 

その朝日酒造が、銀座に直営店を出しています。

2015年5月19日(火)開店。

中央区銀座8-8-8スリーエイトビル

www.asahi-shouzi.co.jp

 

久保田

食べログ久保田

 

わたしのなかでは「銀座ど真ん中」は7丁目~8丁目の新橋寄りの5から3ですから、銀座も銀座。もう銀座ど真ん中という場所です。

 

f:id:banban:20150719131600j:plain

 

どちらかというと新橋寄りですが、ふらふらと銀座・有楽町に歩いてもすぐです。

 

ランチもやっています。

ランチ会食 6品で4,500円。

 

でも、やっぱり美味しいお酒と共に。

 

飲み比べはいくつかあります。

久保田 酒三昧(百寿、千寿、萬寿)

久保田 純米三昧(紅寿、碧寿、萬寿)

季節大吟醸三昧

 

この季節大吟醸三昧は、器もそれぞれで涼しげでお薦め(写真撮らなかったのが悔やまれる)。

 

これは 百寿、千寿、萬寿。

最初は解答なしで飲んでいきます。

 

f:id:banban:20150719131812j:plain

 

舌には自信があります。

 

少し飲んだあたりで、店員さんが解答を教えてくれます。

 

はい!!

全部はずれ!!

 

おかしいな。

バカ舌なのかな。

 

お料理は紅寿コース。

8品 7000円のコースをいただきました。

いくつか写真を撮っていませんが、だいたいこんな感じです。

 

f:id:banban:20150719132556j:plain

アスパラ大好き。

 

f:id:banban:20150719132657j:plain

f:id:banban:20150719132710j:plain

f:id:banban:20150719132726j:plain

f:id:banban:20150719132741j:plain

なす。

 

f:id:banban:20150719132754j:plain

お造り。

 

f:id:banban:20150719132808j:plain

海老さんアップ。

 

f:id:banban:20150719132821j:plain

 

これは宝仙鍋。

f:id:banban:20150719132832j:plain

純米酒「朝日山」を、どぼどぼどぼどぼ惜しげなく鍋に入れ、少し醤油を入れたものがスープになります。豪快にフランベ。

 

鍋に入れた朝日山もついでに飲ませてくれます。越後もち豚や佐渡産のイカ一夜干し、県産の山菜などをさっとくぐらせて食べます。

 

イカが柔らかくてピンぼけ。

f:id:banban:20150719132847j:plain

 

もち豚ジューシー。

f:id:banban:20150719132904j:plain

 

煮物。

f:id:banban:20150719132930j:plain

 

待望の蕎麦!!

f:id:banban:20150719132941j:plain

新潟の蕎麦が大好きです。

これももちろん新潟県長岡市のおそばです。

 

そしてデザートがありましたが、撮っていません。

笹にくるまれた、カスタードなんとかでした。

 

ちょっとお高いですが、キレイですし接客もよいので、外せない会食にはちょうどよさそうです。

 

ほどよく、ほどよくお酒を楽しむ大切な人との、会食ですね。量じゃない、そこは質で。ほろよいで銀座をふらふらして帰りたいものです。

 

何かの時には誰かを誘って行こう。

今度こそ純米酒だ!!

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい