読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

取材商法の電話がかかってくんのよ

時々ね。「取材を」っていう電話を受けることがあります。もちろん本当の取材もあったりするわけなんだけど、まぁ、大抵は「取材」という名前の「有料広告」なのよん。「経済誌に掲載します」という以外にも、最近は「Web記事として掲載します」っていうのもあるんですよ。さらにたちが悪いです。  Webの場合は毎月○○円って取られますからね。

  • インタビューは有名人
  • 記事はこちらで専門のライターが書きます
  • 写真も撮ります

で、無料無料無料無料って、何回も何回も無料無料って言うんだけど、んなわけないの。取材費とか掲載料とか、なんだかんだでお金を取るわけ。そう。取材って言っても取材されるこっちがお金を払うわけです。それはさ、もうわたしの中では取材じゃないのよ。広告なのよ。

 

「有料ですか無料ですか」って聞くと最初は何回も「無料です」って言うのね。だから、「取材ですか広告ですか」って聞くんだけど、こないだは「取材と広告の違いって何ですか?」って逆に質問されて「取材は無料、広告は有料」って答えたけど、まぁ、本当のことを言えば「取材」って言っても、お金をもらってする広告の取材とかもあるからね。わたしもニュアンスで言ってるわけ。でも、そんな感じでしつこく「無料なのか無料なのかほんとなのかマジなのかやばいのかマジヤバなのか」くらいのしつこさで聞くと「...一部お金をいただきます」と小さな声で言われたりするので、その時点で「結構です」とお断りします。

 

だいたいインタビュアーがプチ有名人って、もう取材商法のお決まりだから。プチ有名人って言うのは、聞いたら「あぁ~」ってわかる程度の芸能人だったりするの。「あぁ~知ってる」っていう元スポーツ選手だったり、昔ヒットを飛ばしたことがあるらしい人だったり。

 

 

[広告]

 

 

それでも年配の社長や、これからビッグになってやる~というような野心家にとっては「え?あの人が?」「おぉ~会ってみたいな~」と、ちょっと心にピンと来る人だったり、支払う料金が、そこそこ万円だったりすると、「記念に」とか「PRに使えっぺ?」とか思って、受けたりしちゃうわけ。いいのよ。そういう企画もあっていいし、それを受けるのも別に悪くないの。お互いが満足なら、取材してされて載ってのられていいことなのかもしれないのよ。

 

ただ、「そういう商法だな~」と解っている人も結構いるから、それを誇らしげに「○○に掲載されました!」とか「○○に取材されました!!」と広報しても「あっ...あそこか...」「あの人だまされたのか...」とか思われることもあるっていうことも心に留めておいた方がいいっちゃあいい気もします。

 

で、何にわたしがカチンと来るかというと、最初に「無料無料」って無料を前面に出して、最後の最後になってやっと「有料」って言う言葉が出てくるところ。それはさーだましだよねだまし。(←さだまさしでも、ねこだましでもない)「有料」って最初に言ってくれよ~と少しだけほんの少しだけむかっ腹が立ってるわけです。

 

ただし、不肖わたくし「嫌なら断ればいい」派ですから、そのような申し出は積極的に、断固として、毅然と、淡々とお断りをすることにしています。電話でケンカ越しになるのは本当に嫌です。その後のこちらの気持ちの波も派生するので、できればたおやかにお断りをしたいわけです。できるだけ早期に。

 

ただ「有料」その一言がなかなか出てこない。出てこない「有料」の一言。出てこい「有料」の一言。待ってます「有料」。もはや愛。言って。言って欲しいの。あなたの一言が欲しいのよ。

 

「有料です」

「必要がないので結構です」

 

これだけ書きましたが、多分ここまでの会話の所要時間4分くらい。 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい