読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

どっちが夏物?どっちが冬物?か区別がつかなくなったわたしのインナーウェア(肌着)

厚手のものは冬物で

薄手のものは夏物で

 

と、分けられていた時代は終わり、

今は冬でも「薄くて暖か」な時代。

 

薄手の暖かなハイテク素材のインナーがたくさんあります。着ぶくれしないように、わたしもユニクロとか楽天とかで薄手のインナーを購入することがあります。

 

重ね着にピッタリ薄くて軽いけど保湿保温にすぐれて驚異の暖かさ!

という冬物と

 

汗を逃がしサラサラとした触感で猛暑もへっちゃら涼感インナー

という夏物が

 

わたしの引き出しの中で、いつの間にか一緒になってしまっていて、区別がつかなくなっています。

 

[広告]

 

 

もともと暑がりのわたしですから、冬に夏物を着ても、寒さを感じない限り大丈夫ですが、夏に薄手のインナーをと思ってシャツの下に着て行き、背中に猛烈な暑さを感じ、

 

かちかち山かっ!!

 

かちかち山 (まんが日本昔ばなし)

 

と思ったことがあります。

恐怖恐怖!

 

長袖はいいんですよ。

それは夏には着ないので冬物とわかります。 

 

フレンチスリーブも多分、冬物。

 

問題はキャミですよ。

キャミソール (*/∇\*)キャ

 

 

この手のキャミソールが、引き出しの中でわけわからなくなっています。

 

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

 

これの対策は、

 

あったかキャミソールは買わない!!

 

これにつきます。

 

冬にインナーをキャミソールにしたい場面。わたしの場合、それは、飲み会とかで率先して、誰にも頼まれないのに、ふざけすぎたり、はしゃぎすぎたりして、汗をかきそうなときです(いい歳してはしゃぎすぎんなバカってわれながら思うこともある)。

 

冬場のお店はあったかいどころか、あっついことのほうが多いですからね。

 

だったら、その時は夏物でもOK。

 

ということで、今あるキャミはすべて夏物だと信じて、かちかちやっていこうと思います。

 

かちかちやま―日本むかしばなし

かちかち山のお話、好きです。

かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)

かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)

 
いまむかしえほん (5) かちかち山

いまむかしえほん (5) かちかち山

 

 今日はここまで~

 

[広告]

 

■合わせて読みたい