読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

タルト・タタンの夢[近藤史恵]

読書感想文 食べる・飲む

近藤史恵といえば、モップシリーズ。

ここでもちらっと書きました。

天使はモップを持って 文春文庫

天使はモップを持って 文春文庫

 

このシリーズ、全部は読んでいませんが、元気がない時に読む本として、いくつか手元に置いています。

 

やはり1作~3作目が好きかな。 

 

その近藤史恵のグルメミステリー。

タルト・タタンの夢

短編が7つ入っています。

そのうちの1つが「タルト・タタンの夢」です。

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)

 

短編小説はあまり好きではないのです。

小説はのめり込むために読むので、短編は好みではありません。

 

ですが、グルメ小説は大好きです。

これも楽しく読みました。

 

[広告]

 

舞台は小さなビストロ・パ・マル。

テーブル5つ、カウンター7席の小さなビストロです。

パ・マルは「悪くない」という意味。

 

語り口は僕、高築智行

無口で無愛想な(でも優しい)店長兼料理長の三舟シェフ

三舟シェフの片腕は社交的で明るい志村さん

ソムリエの金子ゆき

この4人が働いています。

 

ミステリーですから、謎解きをするわけですが、人が死んだり、殺したりというようなミステリーではありません。日常のちょっとした不思議、ミステリーのお話です。

 

なぜお腹が痛くなったのか

お客さんの奥さんはなぜまずい料理を出すのか

ガレット・デ・ロアのフェーブはどこへ行ってしまったのか

なぜ奥さんは家を出て行ってしまったのか

どうやって合宿所で酒を飲めたのか

カスレはなぜおいしくなかったのか

チョコレートはなぜ割りきれない数なのか

 

無口な三舟シェフがお客様の話を聞いて謎解きをします。そして、お店に来たお客さんを幸せにしていきます。

 

料理もたくさん出てきます。

 

大事な料理として出てくるのが

タルト・タタン

ロニョン・ド・ヴォー

ガレット・デ・ロア

オッソ・イラティ

カスレ

チョコレート

です。

 

え?なにそれ?食べたことないし、知らない!

 

という人でも、読んでいくうちにだいたいの料理の感じはわかるので大丈夫です。

 

心暖まるミステリーです。

 

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)

 

 それにしても、こんなビストロが近くにあったら常連になりたいなー(月2くらいで通える身分にもなりたい)と思うようなお店です。

 

特に三舟シェフ特製のヴァン・ショー(ホットワイン)飲んでみたいです。

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい