読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

「いつでも別れてやるよ」という男に限って、別れは修羅場になるという法則

「いつでも別れてやるよ」

という男。

 

いました。

わたしにも。

わたしのまわりにも。

 

先日そんなことを話題にしたら「いたいた~」と、同じ事を思っていた人がいました。

 

「いつでも別れてやるよ」という男に限って、こちらから別れを切り出すと修羅場になると。

 

[広告]

 

意外といるんですね。そういう人。

モテ男Aくんの場合

言動

  • オレはすごくモテる
  • 女に不自由したことない
  • 別れたって他にも女はいる
  • もともとおまえとは真剣につきあってるわけじゃない

別れ話をする

別れたいサインは何度も送っていました。

「別れることを考えている」とも言いました。

 

そのたびにニヤニヤして

「いいよ。いつでも別れてやるよ」

と言われました。

 

ところが本格的に別れ話をすると、まるでそんなこと聞いていなかったかのように狼狽。

 

最初に言われたのが

「なんで、そんなに突然?」

「他に好きなやつができたのか?」

 

いえいえ。

何度も「別れたい」と言いましたよね?

別れ話その後

職場、不動産屋さん、実家と、業者まで使って行き先を調べられました。

 

両親とも会っていたのですが、その両親がこちらのあしあとを辿って関係者に突撃、「居所を言わないとただではおかない」的な脅迫もしてきました。事情を話しておいた関係者がこちらに協力をしてくれたので、何とか居場所を隠し通すことができました。

 

すっきりするまでにかなり時間がかかりました。

エリートBくんの場合

言動

  • 結婚相手みたいな人は何人もいる
  • 自分みたいな人とつきあえる人は幸運だ
  • プレゼントもデートにも君にはできるだけのことを
  • 結婚したら家庭に入って、実家ともうまくやって
  • 「うちでは」「母は」の話題が多い

別れ話をする

きちんと別れ話をしようとしたのですが、話し合いの場になかなかのってきませんでした。ひたすら逃げられました。相手が逃げるのでまともな話し合いができないので、いつまでたっても別れられません。

 

曖昧な感じがしているのは嫌なので、何度も連絡を取って、話し合いの場を作ろうとしましたが、それでも約束を守らない、逃げ回られるということが続きました。

 

やっと話し合いの場についても

「オレは別れない」

「何も悪いことはしていない」

と言われ、納得してもらえません。

 

それでも時間を合わせて自分の意志を伝えることができました。

 

「意味わからない」

「納得できない」

「おかしい」

「そんなことできない」

「やりなおそう」

と、言っていましたが、

「もう無理です」

「決めたから」

と、伝え続けました。

別れ話その後

結局、彼は納得しませんでした。怒り出すと暴力にもつながりかねない人なので、私のほうから連絡を絶ちました。

 

住まいや連絡先も変えましたが、友だちや実家に連絡をしてきました。友だちや家族に暴力をふるうことはありませんでしたが、

 

「おれが本気になれば」

みたいな脅し文句は言っていたそうです。

まとめ

何件か実例を聞いたのですが、人物像や状況がビックリするほど似ていました。わたしの観測範囲なのでたまたまなのかもしれませんが。

 

おそらく

別れのサインは出しているが気がつかないーこちらを見ていない

別れを切り出しても本気だと思っていないー人の話を聞いていない

 

だから、

「突然何を言う!!」

と怒り出すのだと思います。

 

人の話を聞いていないのですね。

きっと。

 

f:id:banban:20140506155630j:plain

 

 「いつでも別れてやるよ」という男ほど、きれいに別れてくれないから要注意。

その時は、本当に「いつでも別れてやるよ」と思っていて、それが段々「絶対別れない」になっていったというケースもあるでしょう。

 

でも、 

 

 もしかしたら、その

「いつでも別れてやるよ」

という言葉自体がよろしくないのかもしれません。

 

女よりも優位に立ちたい

とか

責任逃れ

とか

も、ほんのり香ってきます。

 

相手が変われば、つきあいかたも変わると思うので、ここにあげた人がダメ男とは限りません。その後、他の人とよいお付き合いして結婚された方もいます。

 

ですが、つきあっている人に向かって

「いつでも別れてやるよ」

などと言えてしまう人は、やはり注意をしたいと思います。

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい