読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

この箱は捨てられない。蕎麦の実くろこんぺい600円は素朴な味

おすすめ手土産 食べる・飲む

一目惚れだったのです。

 

でも手のひらにちょこんと乗る正方形の箱は一箱600円もするのです。

 

中身は蕎麦の実の黒っぽい金平糖。

見かけたのは東急プラザ銀座。

 

東急プラザ銀座は2016年3月31日開業の新しくオシャレ感満載の建物ですが、入りやすくもあります。地下鉄銀座駅から直結なのです。古い銀座駅の地下から、ふらふらと新しい建物に吸い込まれてしまいます。吸い込まれた先は東急プラザ銀座の地下2階。

 

きらきらとしたお店と行き交うきらきらとした人。

おぉ銀座よ。

 

 

[広告]

 

 

この上の階ではもっときらきらしいシーンが見られるのでしょう。わたしにはB1にあるタリーズでさえきらきらして見えるのに。

 

B2にあるサロン アダム エ ロペ。

salon.adametrope.com

 

そこでこれを見つけたのです。

小さな小箱。

 

f:id:banban:20160630161307j:plain

 

箱の絵柄も色々あって、迷いに迷いましたが、箱の中身はどれも黒こんぺいだということで、迷いながらも季節にあった金魚柄をチョイス。

 

大事に食べましょう。

 

f:id:banban:20160630161432j:plain

f:id:banban:20160630161501j:plain

f:id:banban:20160630161505j:plain

 

www.ohako.co.jp

 

京都のお店でした。

 

株式会社杉本紙器

版画紙箱 おはこ

 

中身のこんぺいとう。

 

f:id:banban:20160630161904j:plain

 

色が黒だとごつごつした感じで「鬼こんぺい」という感じですね。

 

f:id:banban:20160630162300j:plain

 

ごつごつしているので、しばらくそうっとっと少しずつ口の中で溶かして、少しずつトゲの部分を噛んでいきます。黒糖の豊かな味がします。黒糖ってなんであんなにやわらかなおいしさなのでしょうか。

 

トゲがなくなってくるころには、柔らかさも増してくるので、こりこりと食べてしまええます。

 

最後に小さな粒が残りました。

 

これが蕎麦の実なのですね。

これもかりかりっと食べてしまいましょう。

 

ふぅ。

一粒の満足度。

 

一気食いしないように、大事に大切に食べようと思っていましたが、そんな心配はいりませんでした。一粒の満足度が大きいのです。

 

3-4粒食べて大満足。

 

f:id:banban:20160630161508j:plain

 

よくよく読んでみましたら、

 

一日数粒、健康回復にもよろしい様で。

 

ですって。

 

ふふ。

一人でしばらく楽しみたいと思います。

 

今日は上品にここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい