読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

号泣する夢を見て目が覚めて自分に猛烈にガッカリした。

どうでもいいこと 夢の話

知り合いのちょっとした有名人と食事に行くんですね。

 

そこはパンがおいしい人気のお店で、厚切りのパンにフレンチトーストでもないんだけど、そんな感じに何やら加工をしているナントカホニャラララパンが、たいそうおいしいらしいのです。

 

7人でお店に到着。大きなテーブルでわくわくしながら談笑して待っているうちに、ナントカホニャラララパンが出てきました。

 

お店の人に聞くと、「あれ?6人分お出ししましたけど?」といわれて、そのまま。「わたしの分は・・・?」

 

すでに品切れで、わたしの分はないそうです。

 

「ああーいいですいいですーーわたしはいいですーー」と、同行した人たちに気を遣いながら、

 

(´-`).。oO(あとで別のお店にも行くからいいモン)

と思っていました。

 

[広告]

 

そして、次のお店に到着。

人数は2人減って5人になっていました。

 

テーブルは4人掛けなので、わたしは一人で隣のテーブルに。

 

そこもおいしいパンを出すお店。

「うわーーー素敵ーーー」

厚切りのパンはとてもおいしそうでした。

 

今度はわたしのパンがあることも確認してから、食べようとして、周りを見てみると、みんなが写真を撮っていました。そこで、お皿をまわしたりちょっと撮影のお手伝いをして、さあ食べましょう。で、自分の席に戻ると・・・ないのです。わたしのパンが。なくなっていました。

 

お店の人に聞くと、すでに食事が終わったと思ったので下げてしまったとのこと。

 

その後、みんなと別れてから号泣するんですよ。

わたし。

 

「わたしも食べたかったー」

って。

 

悲しくて悲しくて悲しくて悲しくて。

嗚咽。

号泣。

むせび泣くのです。

 

f:id:banban:20141210203424j:plain

 

で、目が覚めました。

夢。

 

で、

 

そんなことで号泣するの?わたし?

 

周りの人の気遣いがなかったとかで泣いているのではないのです。

あきらかに「食べられなかったことが」悲しくて泣いているのです。

 

食べたいのに食べられなかった夢はよく見ます。

 

なんなんでしょう。

わたし。

 

 

こんな人ではありますけどね。

 

でも、食べられなくて号泣って・・・(笑)

目が覚めた今なら、本当に(笑)レベルな話。

 

子どもじゃあるまいし。

われながら情けない。

 

裕福とは言えないわが家ではあったけれど、

借金取りが家にやってくるような家だったけど、

父がギャンブルバカで大金や家をなくしたけど、

 

食べることに困って飢えるほどではなかったよ。

 

これ、夢占い的に言うと、食べ物に何かを例えているとかなんでしょうか。

 

年々食欲も衰えているわけで、それは本当に確かにそうなってきていて、もうキャベツが食べたいからボウル一杯のキャベツおかわり!とか、いらないいらないもうたくさん、って思いますし、ラーメン屋さんだって最初からつけ麺とラーメン食券2枚買いとかしませんし、カルビ霜降りカルビ霜降りカルビ霜降りって思っていたお肉も、赤身がいいんじゃね?エイジングビーフとかさ、なんて大人っぽいと言うか加齢というか、できれば華麗がいいけど、あきらかに加齢が加わってきている昨今。

 

「量じゃないよ質だよ」の域に到達間近なのに、なぜ今こういう夢を見るのか謎です。

 

もしこれがわたしの深層心理だとしたら、あまりにも意地汚くて自分にがっかりですし、未来予想図だとすると地獄の餓鬼道に落ちるってことなんすかね?

 

怖い~~~(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

夢の中で幸せに食べたいのです。

あくまで業の深いヤツ

 

今日はここまでー

 

[広告]

 

■合わせて読みたい