読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

新宿小滝橋通りからちょっと入ったところ「そば新」で石臼挽き 鴨せいろ蕎麦

食べる・飲む

新宿駅西口から北に向かって小滝橋通り(おたきばしどおり)を歩いて行くと、麺屋武蔵とか、古武士とかラーメン二郎とか、蒙古湯麺の中本とか、味噌屋 八郎商店とか心惹かれるラーメン屋さんがあるのですが、ちょいと西に入ればうどんの麺通団とかもあっちゃったりします。

 

蕎麦なら富士そばもあって、麺好きとしては小滝橋通りは愛すべきストリート。何度も行ったり来たりしながら、時には路地にも入りこみながら、あーでもないーこーでもないーあれもいいーーこれもいいーーと脳内で妄想を繰り広げながら、予算との脳内大決戦もしているわけです。この一角に住みたいくらい。いや、住むのは嫌かな。以前友人がまさに小滝橋通りまっただ中に住んでいて、その利便性には心惹かれたけど、うーん、もう住みたくはないかな(ごめん)。

 

 

[広告]

 

 

で、ちょっとお疲れ気味の昨今。蕎麦かなーうどんかなー肉かなー肉かなー。夜、飲まないで一人で食うには何がいい?やっぱラーメンかなー?この店は一人焼肉OK?と、脳内大乱闘。

 

 

ふらふらふらぁ~と、小滝橋通りを南に入っていくと、そこはまた異国の料理も和食もごちゃっとあるゾーンなんですよ。西口エリアも好きだけど、このエリアも好きなのです。菊うらとかね。でも夜はお高いし、一人で行くにはちょっともったいない。もちろん予算もございません。申し訳ございません。

 

で、そば新で、ちゃちゃっと食べちゃおうと。安さと気軽さが魅力のそば新。小滝橋店はいつできたんだっけかな?比較的新しいよね。そば新はラーメンもあるのですが、今日はやっぱり蕎麦だわー。

 

f:id:banban:20160109161236j:plain

f:id:banban:20160109161241j:plain

 

出口のところに食券があって、そこで「よーし!今日は奮発して石臼挽き 鴨せいろにしちゃおう!」とか、みみっちいけど、自分的には大きな決心をして、590円(確か)石臼挽き 鴨せいろ。左側の扉から店内に。

 

石臼挽き蕎麦はゆで置きじゃないので、少々時間がかかりますが、あっという間に鴨せいろ。

 

はいっ!

 

f:id:banban:20160109161246j:plain

 

ボリュームたっぷりですよ。

 

f:id:banban:20160109161250j:plain

 

そばそばしい蕎麦。

もうちょっと洗われてもいいかな。

 

f:id:banban:20160109161254j:plain

 

うっすい鴨らしきものがいます。薄くていいの。わたし薄いほうが好みなの。鴨でなくてもいい鴨。肉蕎麦も好きだし。これ好み。正解だったー。奮発してよかったーー590円。

 

で、お店を出るときに隣の人に出された煮干しラーメン380円を見て、やっぱり食べたくなってしまって、外に出てから食券を買って、知らん顔してもう一度入店しちゃおうか迷ったけどやめておきました。また今度。

 

その時に撮ったの↓↓この写真。

f:id:banban:20160109161241j:plain

 

今日はここまで。

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい