読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

「彼氏いない」って言ったら○○ます?への男子の反応

思う・考える・学ぶ 恋愛・結婚・家族

「彼氏いるの?」って聞かれて「いません」って答えてるうちは彼氏できませんよね - ハッピーエンドを前提として

 似たような言葉をよく使っていました。

大変びっくりしました。

 

f:id:banban:20140504103939j:plain

 もしかしたら、元彼?とか、知っている人?と思いまして、念入りにプロフィールや過去記事を読んでみましたが、おそらく直接的なお付き合いはなさそうなので思い切って書いてみます。

 

使ってましたよ~~~それ!

いろいろなバリエーションで。

彼氏いないって言ったら○○ます?

  • 彼氏いないって言ったら、くどきます?
  • いないって言ったら、誘ってくれます?
  • いないって言ったら、○○に行きます?
  • いないって言ったら、どうするの?
  • いないって言ったら、○○する?

○○には、適当な言葉をいれてください。

 

うわあああああ。

これがテクニックだったのかー(いまさら知る事実)。

さて、このテクニック(ウフフ)を使ったときの男子の反応を、思いつく限りまとめてみます。

 

[広告]

疑問系

  • え?
  • それ、どういう意味?
  • 誘ったらOKってこと?
  • 誘ってもいいの?

おいおい、もう一度言わせるなよぉ~という恥じらいの気持ちもわいてきます。よほど好き人なら、こういう疑問系で返されても、恥じらいながらうなづきます。

疑問を持たずに、もれなくこちらの意図を全力ファインプレーでキャッチして欲しいものです。

それほど好きではない場合は、疑問を持たれただけで「もう・・・いいかな・・」と、こちらの奮い立たせた気持ちはしゅるしゅる萎えますから。

怒る系

  • 意味わかんねーよ
  • どういう意味だよっ
  • ふざけんな!

疑問系と似ていますが、どうも語気が荒いんですね。飲んでたりするとそうなるのかもしれませんが、

  • 突然のことに動揺しているか
  • そういう返しにいら立っているか
  • 全然わたしに気がないか
  • よっぽどわたしのことが嫌いなのか

仕方ないですね。「おそらくわたしのことは好きではあるまい」と判断して、うるうるした瞳もサラッと乾かして撤退するか、

  • 何怒ってんの?
  • どういう意味ってそういう意味だよ
  • じゃ、「彼氏いる?」なんて聞いてどうするつもりだったんだよ?

などと、わたしも一緒にキレてみます。

理論派

  • それはオレとつきあいたいという意味?
  • じゃ、今彼氏はいないってことだよね。もしいるならそういう答え方はずるいよね。
  • もし誘ったら来るってことで、オレに気があると考えていいのかな?
  • どこまでならつきあう気持ちがある?

疑問系と怒る系と混じることもあるのですが、話が理屈っぽすぎて、OKなのかNGなのか、何なのか区別が付きません。なんでそんなに確認されなきゃいけないのか、よくわかりません。めんどくさいです。

でもわたしはこういう人を好きになることが非常に多いです。仕方ないのでそこからコミュニケーションを始めます。

聞いておいて逃げる派

  • あ。そういう意味で聞いたわけじゃないから。
  • ・・・・・・(無言で微妙な顔)
  • あーそうかー(無難な相づちをして立ち去る、後ずさる)

これねーないわっ

でも・・・結構ありました。

「彼氏いるの?」って「こんにちはー」と同じくらいのニュアンスで、聞く相手も別に好きな人じゃなかったりするのでしょう。んじゃ聞くなよぉ・・・・(泣)

積極アタック派

  • えーそうなの?じゃ、飲みに行こう
  • つきあって
  • よし!じゃ、行っちゃおう
  • 早速だけど○○に行こう
  • 今晩だけでいいから一緒にいよう
  • おねがいです。○○してください。

積極アタック派。わたしのまわりには少なかったから、すごく新鮮。チャラいってこういうことなのかーっと。

こういう積極派には「彼氏いるよ」って言っても、誘われるときは誘われるんですよね。特にチャラい場では。

でもそこから真剣交際に発展したこともありました。

 

f:id:banban:20140504103827j:plain

まとめ

数少ない過去の経験の中から、いろいろほじくり返して思い出して書いてみました。

イマサラながら、つきあった人を思い浮かべてみると、わたしの場合、自分から告ったとか、なんとなくそうなった、ということがとても多いです。

そこは来世までの不満です。

 

ぜひ男性には積極的にアプローチをお願いしたいと、個人的には思うところで御座います。

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい