読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

OneNote Web Clipperも入れてみたけどやっぱりEvernoteが好き

Evernote。見た目も使い勝手もいいなぁと思って、長く愛用していますが、主な使い方は2つ。

Evernoteで直接テキスト入力

自分の文章のテスト書きと、忘れたくないことをぽちぽち入力。つまりテキスト入力。しかも入力する文章は短い。記事の最初の書き出しとか下書きとか、ちょっとしたことの備忘録に使っています。

 

テキストエディタでもいいのですが、他の端末からも見ることを考えるとEvernoteが便利。見た目もシンプルでわかりやすいのが魅力的です。

Evernote Web Clipper

そして2つ目はウェブクリップ。気に入ったWebの記事、あとから読みたいWebの記事をEvernote Web Clipperで保存。

 

 

[広告]

 

 

お気に入りだと後から探すのが大変ですし、はてなのブックマークでもよいのですが、ブックマークして拡散させたくないものもあります。そしてはてなブックマークやショートカットを保存しておくだけでは、サイトや記事が消えたら見られなくなります(魚拓があるとは限らないし)。

 

そういうときはEvernoteのWeb Clipperを使って保存。そうすれば後からでも、うろおぼえのほんのわずかな、本文に書かれていたキーワードで検索して探すこともできます。

 

これは忘れっぽいわたしにはとても便利。

 

「ほら、あれなんだっけ?ほら。あれよ。あれ。あれ。えーっと熊が何とかいう...いや...熊じゃない...ベア?」

 

こんなときも「ベア」で全文検索できてしまいます。

Evernote 無料のベーシック版の変更 

で、それほど容量が多くないので無料のベーシック版を使っていたのですが、会長

 

 

え?メール見てなかったよ?

 

blog.evernote.com

 

ほんとだほんとだ。

 

わたしもそれほど使っている頻度は高くないし、使ってる容量は限りなく少ないです。無料プランのベーシックでも毎月全然余ってる。有り余っている。有り余る容量。

 

f:id:banban:20160630104527j:plain

 

使っている端末も主に2つ。だったらそのままでもいいのかなぁ。でも、イザというときに慌てて大切なことを検索するときにはもう一台も使う可能性があるんだよね...

 

他にもEvernoteっぽいツールはあるから、他のものも検討しようかなぁ。 

 

で、OneNoteかぁ...

OneNote 

以前OneNoteも使い始めたのですが、どうもあの見た目が嫌。なんでしょう。あれって感覚的に使う人には合っているのかな。わたしのセンスがないのかな。ノーセンス?わたしがセンスなしなし。それは言えているんだけど、使っているうちにいつか慣れるのかな。

 

さらにMicrosoftアカウントWindowsアカウントと連携されるのがとても嫌。OneNoteのあちこちにいちいち本名が表示されるのも嫌。NOTEBOOKブックの名前とかは変更できるんだけど。

 

くうううううううう。

朝から再びOneNoteを見てるけど、くうううううううう。

 

www.amamoba.com

 

EvernoteからOneNoteへの移行はこちらのサイトに書いてあるので、そのままやれば簡単にできそう(一部失敗もありますが)。

 

肝心のウェブクリップは?

 

あったあった。

OneNote Web Clipper

www.onenote.com

 

f:id:banban:20160630110401j:plain

 

f:id:banban:20160630110421j:plain

 

f:id:banban:20160630110436j:plain

 

f:id:banban:20160630110450j:plain

Chrome ツールバーにOneNote Web Clipperのボタンができました。

 

f:id:banban:20160630110544j:plain

 

右クリックでも表示されます。

で、やっぱりEvernote

慣れなのでしょうが、やっぱりEvernoteが好きです。Evernoteプラスは年間3100円。

 

Evernote プラス
月額 360円または年額 3,100円(28% お得)

お使いのすべての端末でノートを同期したい場合は、Evernote プラスが便利です。さらに、圏外でもアクセスできるようにノートブックをモバイル端末にダウンロードしたり、大事なメール(+添付ファイル)を Evernote へ直接転送して他の関連ノートと一緒に保管したり、1GB に増量する月間アップロード容量でプロジェクトに必要な情報を一ヶ所に集約したりできます。

Evernote の価格プランの改定について - Evernote日本語版ブログ

 

これまでお世話になったことも考えると、高くはないのかもしれません。

 

移行期間もあるようなので、少し考えてみたいと思います。

 

help.evernote.com

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい