読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

それは相手の問題で、あなたの問題じゃない

先日、親しい人とご飯食べたときのこと。

心を許して本音で一緒にいられる人です。

 

気分も↑↑で、無駄話をしながら、

「さ~~~~何食べようかな~~~キャッキャ。やっぱりこれかなー足りるかなーいっぱい食べちゃおうっと!」

という、感じ。

 

「で、こないだねー」

「あ。ちょっと待って」

 

はい。

そこで、わたしにとってショックな連絡が来たわけです。

 

大変ショックだったのです。

 

一瞬にして、楽しい気分は吹っ飛び、真っ白になり、どういうことなのか、これからどうすべきなのか、頭の中がぐるぐるしていました。

 

f:id:banban:20140910133636g:plain

 

「・・・・」

「あ・・・これでいいんだよね。頼んでおくね」

 

注文を終えて、しばらくしてから聞かれました。

「なにかあった?」

「あった・・・」

 

「あったよねぇ」

「なんで?」

 

「見ればわかるよ」

「え?そんなに?」

 

[広告]

 

「うん、まるで漫画みたいだったよ。人ってこんなに一瞬で変われるんだな、って思った。四コマ漫画を描けたら描いてあげたいくらい」

「・・・」

 

「よく、漫画とかであるじゃない?ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪っていうところから、 ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン と来て、_| ̄|○ガックシ、(*゚‐゚)ぼぉー・・、みたいなの。まさにあれを見たっていう感じだったもん」

「そう・・・」

 

「しゃべりたくなったら、しゃべってね。とりあえず食べるわ。食べる?」

「・・・うん」

 

食べているうちに、少し頭の中が整理されてきたので、ポツポツと話しました。

 

「あーそうだったんだー」

「ショックだわーーーショックだわーーまた裏切られた感じ」

と、自分の気持ちを言ったところ、

 

「落ち込む必要ないジャン。裏切られたって言うけど、まだそうだって決まったわけじゃないよね?」

「うん。まあ。この連絡からすると、その可能性が高いってことで」

 

「相手に連絡とれたの?」

「まだ。あとでまた連絡してみる」

 

「でもさぁ。やっぱり落ち込む必要はないと思うな。

 

そういう人だってことも解っていたはずだよね。前もそうだったから、もともと信じちゃいけなかったんだよ。

 

信じたことがダメと言うつもりはないけど

 

相手がしたことは相手の問題で、あなたの問題じゃない。

 

それは相手がしたことであって、あなたがしたことじゃない。

 

それに対しての対処方法、起きちゃったことへの対処方法があれば、してあげたほうがいいかもしれないけど。

 

それも「してあげたかったら」くらいででいいと思う。

 

落ち込む必要はないよ」

 

「そんなこと言ったって、気持ちが落ち込むんだよね。どうしようもないじゃん」

「落ち込んじゃうのは仕方ないけど、でも、ばんばんが落ち込む必要は何もないんだよ。落ち込んだって何も変わらないし」

 

この人は人の心がわからない人ではありませんが、にこやかでありながらいつも冷静です。

 

その考えかたに腹の立つこともありますが、今回はものすごく救われました。

 

食欲復活して食べることができました。

食べたら元気が出ました。

 

感謝。

 

今日はここまで~

 

[広告]

 

■合わせて読みたい