読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

夏の天花粉の香り

思う・考える・学ぶ どうでもいいこと

春に母が荷物を整理しているときに「あんた、これいらない?」と差し出したのがシッカロール。「入院したときに使っていたんだけど、もう使わないから」

 

わたしも今は使わないし、古いものだと思うので「うーん」とためらっていると、母が

 

「小さいころ、あんたはいつも汗まみれで、おかっぱの髪の先から汗がしたたっているような子だったよねぇ。夏になると頭から水を浴びたみたいに汗だくになって、アセモを作っていたから、お風呂からあがると、これつけてあげて。うん。あんたもこれ好きで、つけてつけてーって喜んでいたの覚えてる?おじいさんは、これ天花粉(てんかふん)って言ってけど、今はベビーパウダーって言うの?今はこれみんな使わないのかね」

  

和光堂 シッカロール 紙箱 140g

和光堂 シッカロール 紙箱 140g

 

 

なんて、懐かしいことを言い出したので、無碍に「いらない」とも言えず「じゃぁ、もらうかな」ともらってきました。

 

[広告]

 

シッカロールはベビーパウダー。シッカロールは商品名ですが、おじいさんはどれのことも天花粉って呼んでいました。

 

昔はあせも対策や汗対策に使いましたが、いまは汗腺をふさいでしまうということで、あまり使いませんね。なにより洗面所が粉だらけになるのが嫌。

 

つけてもどうせドロドロになっちゃうしベタベタしちゃうし。

 

洗面所に置きっぱなしにしていたシッカロール。昨日、ふたを開けてつけてみました。

 

ああ。そうだ。

この香りだ。

 

この香りと蚊取り線香の香りが夏の香りだった。あと、よく畳で倒れこんで寝ていたから藺草の香り。それがわたしの小学生の夏の香りだった。

 

洗面所に粉が落ちたって汚いものでもないし、つけてみようかと、パフにつけて首や胸元、首の後ろにハタハタとつけてみたら、ほんのりいい香り。

 

昨日はなんとなくその香りが鼻の奥に残っていたのか、一日中いい香りでした。

 

ほんのりといい香りの天花粉。今年の夏の香りとして、しばらくつけてみようと思います。

  

シッカロールデオ (パフ付)

シッカロールデオ (パフ付)

 
シッカロールナチュラル 120g

シッカロールナチュラル 120g

 

  今はいろいろ種類があるんですね。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい