読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

バリウム飲んで、そのあとを赤裸々に

体の弱い人の世界(健康・不健康) 怖い話・不思議な話・不運

先日、バリウムを飲んできました。

 

バリウム飲むのは久しぶり。

5-6年ぶりでしょうか。

 

白いヤツ飲んできます。そして季節限定 夏のカレー(キーマカレー)

そもそもバリウムを飲み干すことができるのか?

そもそも、バリウムを飲み干すことができるのかどうか、が問題です。

これまでのバリウム

以前もその前も「最近のは飲みやすくなっていますよ」と言われましたが、嘘だ嘘だ!!!

 

あの不思議な重さを感じる食感。変なフレーバーがついて金属感が気持ち悪いこと気持ち悪いこと。

 

「はい。全部飲み干してください」と言われて、どうしても飲みきれなくて「もういですよヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ」と、勘弁してもらったこともあれば、

 

「とにかく飲んでください」と言われ、頑張って飲んだところ、吐いてしまい口の中がバリウムだらけになって、たいそう気持ちの悪いことになったことも(あとで飲み直し)。

 

ですから、吐きそうになったら、大人として「もう無理です」と、ここは弱々しく言ってみよう、と決心していました。

 

そうです。

 

ここで書いたように、「弱弱しく」です。

元気よく笑顔で言っては伝わらないですから。

そこは弱々しく。

 

今回のバリウム

「はい。これが発泡剤」と、発泡剤と水を飲みます。

いよいよバリウムが渡されたので、ここで苦手をアピールしておきます。

 

「あ・・わたしバリウムがにが」

「はい。グッと飲んでください」

 

笑顔で言われました。

全然聞いてくれてない感じでした。

 

ですが、

 

 

[広告]

 

あれ?バリウムおいしくなってる?

飲める!これなら飲めそうだわ!!

 

日々の医療の進化をここで感じたわたし。

余裕で飲むことができました。

下剤はどうする?

さあ、残りの問題はバリウムがスムーズに出るかどうかです。

 

最後にバリウムを飲んだのは5-6年前だと思うのですが、その時も下剤をもらって、しばらくしたら、出て、あとからまた出て、と、特にバリウムを出すのに苦労してはいません。

 

ですが、その前に確か一度出にくかったことがあり、市販の下剤を購入したことがありました。

 

「出にくかったことがありますか?」

と、聞かれたので

 

「はい。一度ありました」

と、答えると

 

「では、余分もお渡ししておきますね」

と、バラ色の小粒を2錠×2ほど渡されました。

 

「まず、すぐたっぷりのお水で2錠飲むこと」

「食事もすぐ取って」

「水分を多めにとって」

「出なかったら、様子を見ながら下剤を追加で飲んでください」

 

よし!いざというときの追加ももらったから大丈夫でしょう。

そんなバカな!下剤を飲んで直ぐ出ちゃうなんて!

以前、

「下剤を飲んで家まで間に合わないくらいにすぐ出た」

という話を聞いて、

 

ありえない。

ありえない。

 

と思いました。

 

下剤がそんなにすぐ効くわけないじゃん

って。

 

ところが、下剤を飲んで10分後くらいにヤバイ感じに・・・ううう。

 

トイレに行き、出たものは真っ白とは言えないものでしたが、確かに下剤の効果があったような感じでした。

増田さん、それは漏らしたとは言わないんだよね?

そしてその後、あれ?またトイレに行きたい?と、思ったのですが、タイミングがつかめず、少しあとから行ってみると、パンツにあれ?白い線が?

 

白い線。

 

それはまるで漆黒の夜空に輝く冷たい色をした三日月のよう。

そして、もしや?と、触ってみると、はらはらと粉状なものが。

まるで蝶の命の最後の羽ばたきのように・・・美し・・・くないっ!!

 

f:id:banban:20140705115904j:plain

 

あああ。これってもしかして・・・

 

パンツをハタハタとはたき、体の中を通過した乾いたバリウムをはたき落とし、情けない気持ちで、

 

さて、トイレ。

 

ゆるいゆるい下痢状の白い便が続きます。

バリウムの白い水もなかなか流れない

その後、いい感じで下痢り、2-3回トイレを往復しました。トイレは真っ白な水になりました。固形な感じは1つもなく、ただただ白い水。

 

そして、この白い水は、2-3回流しても白い水なのです。固形物が流れない話は聞いたことあるけど、白い水がいつまでも白い水って、あんまり聞いたことないなぁー、と水がたまるごとに流します(途中あきらめたり、あきらめなかったり)。

 

その日は、夜の外出の予定があったのですが、なにか取り返しの付かないことになると困るので、夜の外出は取りやめとしました。

 

ですが、その後は特に下痢ることもなく、通常通りに過ごすことができたのです。

バリウムを飲んで翌々日の朝。
本当の地獄はここからでございました。

翌日はバリウムを出すことなく過ごしました。

 

下痢をした翌朝は排便なく過ごすことも珍しくはないので、特に気にもとめていなかったのです。

 

「あートイレ行こうっとっ」

という、軽い気持ちでトイレに行ったのですが、

 

出ない

 

あれ?

もう出てもいいのに?

なんかふさがってる感?

 

うーんうーん(シャレではない)。

だんだん上から降りてくるものもあり、苦しい感じに。

 

ふんばってみても出ません。

 

あれ?あれ?

便秘経験があまりないわたし、焦ります。

 

なにこれ?

どうすればいいの?

押してもダメならひいてみな

何か、いつもとは違う感じがします。

とりあえず、

「押してもダメならひいてみな」

という感じで、一度引っ込めてみます。

 

うんうん。

もう一度いきんでみます。

 

あああ、入口まで出てる感じはするのに!!

どげんかせんといかん

「そういえば、乳児幼児の便秘だと、指でかきだすって聞いたことあるわ」

 

「緒形拳の遺作ドラマの風のガーデンでも末期癌の中井貴一のを指でかきだすっていうシーンあったし」

 

ということで、思い切って指でどうにかしようと。

 

でも、爪が・・・爪が伸びているのです。爪に入ったら嫌だ。または爪で傷つけたら嫌だ。とりあえずトイレを出て爪を切るか?そんな時間と余裕があるのか?

 

無い!

※あとから思うと、このあたりで既にかなりパニック状態です。

 

トイレットペーパーを手に巻き、おそるおそる触ってみます。

 

あああああ!なんてことに!!

 

なんか怖いくらい自分が広がっている感じがする上に、出てこようとしているものが猛烈に硬い。・・これでは無理だ。

 

「なんといういたわりと友愛じゃ。王蟲が心を開いておる。」

 

こっちは「なんという絶望感。」ですわ。

どうなっちゃうの?わたし。

 

出産くらい不安です。

 

出産は医師や助産師、看護師さんがそばにいるけど、こっちは単独。しかも誰からも祝福されることのないものをうみ出す作業。

 

とても不安。

とても怖い。

大出血とかになったらどうなるの?

さーどーする?救急車呼ぶ?

上から降りてくるものも増えてきたのか、お腹の痛みも増してきました。

もう猶予はそうなさそうです。

 

病院行く?

救急車呼ぶ?

それとも自力で何とかできる?

 

とにかく、この出口のものをどうにかしよう。

 

少しでも変形してくれないかと、出口あたりの固いものをもみもみ。

逆子のように一度押し込んで角度を変えてみたらどうかしら?

と、あれこれやっているうちに、

 

1つぽろりと。

そしてもう1つぽろりと、白いものが。

 

ああ、やっぱり白いものが祟っていたのです。

 

いまだ!!いまよ!!!

いまなら出せそう。

 

ふー。

 

地獄は終わりました。

反省とまとめ

当分バリウムを飲むことはないでしょうが、次に飲むことがあったときの自分への忠告。

 

当日に下剤で白い水が出たとしても、翌日の動向に注目しておく。

 

これですね。

翌日のことまでは、全くのノーマークだったので。

 

下痢ですべてを出し切ったと思わずに、翌日まで気をつけておく。

これを何年か後の自分へのメッセージとしたいと思います。

 

そのあとしばらくお尻ひりひりだったことには触れずに、

今日はここまで~ 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい