おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

新宿 うな鐵で 遅めの一人ランチ鰻。

昨日は子羊にたくさんのブックマーク、ありがとうございます。

 

2匹目のどじょうはいるのか?

いや、どじょうじゃなくて、うなぎです。

 

え?食べ物ネタも何度もアップしてますよ。

ブログ間違っていませんよーー。

 

うなぎね・・・絶滅でニュースになっていますが、養殖用のシラスウナギがたくさん採れているおかげで、今年はスーパーなどでも少し安めになっているようです(今朝のあさイチより)。

 

とはいえ、これから土用の丑の日をめがけて、高くなったり混んできたりしますから、先駆けてーさーきーがーけーてっ!うなぎを食べます。

 

本当は夜に来たいお店ですが、時間を外したランチにもぴったり。

 

年中無休で営業時間がこれ。

月~金 11:00 ~ L.O. 24:00
土・日 11:00 ~ 23:00 ( L.O. 22:30 )

東京都新宿区歌舞伎町1-11-2

 

そして「ランチサービスがない」ところが、ランチタイムをギリギリ外してしまった時には、あきらめがついてよいのです。

 

[広告]

 

お店は歌舞伎町を突っ切った中にあります。

派手すぎず、地方の古くからの飲み屋さんみたいな佇まいのお店です。

 

中に入るとL字カウンター。

変な時間帯ならここに一人で座ります。

 

店内はジャズが流れていて・・・ジャズ?

ジャズ?

 

ふふ。女ひとりにピッタリじゃんねー。

 

お探しの店舗のページはありませんでした

 

お酒もずらりと並んでいますし、うなぎの部位もたくさんあるので、本当は夜に訪れたいところですが、夜思いきり食べたら一体いくらかかるでしょう・・か・・・やってみたい・・・懐を気にせず、希少部位とか遠慮せずに食べたい・・とか、妄想しながら、うな重ですな。やっぱりうな重ですな。

 

うな重

並 1900円

上 2400円

特上 3600円

特2段 5300円

 

この、値段の妙。

上から特上までは1200円の差。

並から上は500円。

多くの人が上を頼むのではないかと思います。

 

普段50円や100円にこだわっているわたしですから、並?とも思ったのですが、せっかくだから上を注文。

 

思い切った!よくやった!と自分を褒めたいチョイスでした。

 

待っている間は、店内ウォッチング。

 

微妙な時間帯に来ている人たちは、うっすらわけありな感じの人もいて、飽きません。

 

カウンターなら、自分の鰻が焼かれるところを何となく見ているわけですが、何となく鰻を見ていながら、まわりの人たちもうっすら横目で見てしまったりします。

 

小ぎれいな小柄なおじいさんが、自分よりも若そうな女を連れて、背筋をシャンと伸ばして日本酒飲みながら、ちょこちょこっと鰻を食べているって、素敵ったらありゃしない。

 

父もあんな老人になって欲しかったなーとか。

 

慌てて来て、かき込むように食べていく中年女性は、ビルやホテルオーナー女社長だったりしてー多分経営者だよね、と、ジャズをBGMに、妄想をふくらませながら待てば、待つのもそれほど苦になりません。(そういうオマエは誰なんだ?)

 

しばし待っているうちに、うな重登場。

 

f:id:banban:20140618111603j:plain

 

はい。端っこかりかりでふっくらとした鰻。

 

f:id:banban:20140618111915j:plain

 

お漬け物と肝吸い。

 

量はね・・・量はね・・・わたしが量を語ってはダメなのでしょう。

もちろん少なめではないです。

 

丁寧にゆっくり食べて、ちょうど良いという感じです(普通の人には多分)。

 

普段「ランチが500円だ」「食べ放題ランチは1000円以内」でね、とか言っているわたしにはお安くはないですが、いろいろな意味で満たされます。

 

と、今日もきれいにまとめて、
今日はここまで~

 

[広告]