読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

女子の集団に男子を入れると-おばあさんの集団におじいさんを入れると

これ読んで思いだした。

女子校と共学の違いを表したイラストが「あるある」すぎると話題 | feely

 

 以前、年配のグループをお世話するお手伝いをしていたことがある。

そのメンバーは圧倒的に女性が多い。おばさんやおばあさんの集団。滅多に男性はいない。

 

グループの中は、おだやかで平穏なことはほとんどない。グループが仲良くなればなるほど、トラブルやちょっとした軋轢が起きる。

 

そして、おばさんやおばあさんの集団はあっという間に仲良くなるので、あっという間にトラブルや軋轢が起きるのだ。

 

[広告]

むむむ例1

A「いいのよーいつでもうちの庭に車停めてちょうだい」

B「あらーありがとうー」

----- 後日

A「庭に車を停められて困っているのよ」

 

むむむ例2

C「これね。うちの田舎から送ってきたイナゴ。ダメだったら食べないで」

D「私は好きよ。イナゴ」

----- 後日

D「クチの中に足が刺さって痛くなっちゃった。お茶請けにイナゴはないわよねイナゴは」

 

お世話をする人にも平気で嫌なことを言う。

むむむ例3

E「私ね。この時間だと来られないから、10分くらい開始を遅らせて欲しいの」

スタッフ「それはできません」

E「どうして?5分くらい遅れて来る人たくさんいるじゃない。それに合わせて開始を遅らせるのがサービスじゃないの」

スタッフ「できません」

 

歳のせい?

あげればきりがないんだけど、いや、これは、もうね。仕方ないと思うの。その人が悪いんじゃなくて、歳のせい。全て歳のせい・・・と、呪文を唱えてニッコリを保つ。

 

おばあちゃん番長みたいな人が、グループにはいたりする。びっくりするようなことを平気で言う。

 

中には穏やかな人もいる。でも、穏やかな人ほど実は結構怖かったりもする。

 

で、

 

言いたいのは、そのおばさんおばあさんたちが悪い、ってことじゃなくて、その豹変ぶり。

グループに男性を入れてみると

 そんなおばあちゃん番長がいるグループに、すくない男性(おじいさん)を一人投入すると、あら、不思議。

 

 空気が和むの。

 

キツイ言葉が60%減(当社比)

わがままも85%減(当社比)

 

びっくりするほど雰囲気が変わるの。

おばあちゃん番長ほど、変化が大きい。

 

f:id:banban:20140513103247j:plain

 

これは、年齢が高いほど顕著。

男性をたてる、という世代の人だからかもしれない。

問題のあるグループに積極的に男性を入れてみた

それからスタッフリーダーは、問題のあるグループほど積極的に男性を投入するようにした。

 

リーダー「この男性をこっちのグループからこっちに移そう」

「え?なんて言って移ってもらうんですか?」

リーダー「こっちに移ってください、でいいんじゃない」

「理由を聞かれたら?」

リーダー「人数の調整で、できればそうしてほしい、くらいの感じで」

 

グループの男性比率が高まるほど、おばあちゃん番長たちはおとなしくなった。

 

おばあちゃん番長たちは、男性だけでなく、みんなにとても親切になり、口調もやわらかくなり、笑顔が増えた。

 

それに伴ってグループ全体の雰囲気も、やわらかく、楽しい雰囲気になった。

 

男性があきらからに特定の女性と親しげになり、

「あの人、○○さん(男性)になれなれしすぎない?」

という問題が起きるまでは。

 

おわり

 

[広告]

 

■合わせて読みたい