読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

夏はつらい

自殺の統計なんか調べていました。

第2章 平成26年中における自殺の内訳

 

自殺は春が多いということですが、どうなんだろうかと。

 

夏はわたしの気分が一番盛り下がる季節です。

 

心が痛いです。

イェイ♪d(ゝ∀・*)の数も激減です。

 

わたしがどうして夏が嫌いなのか、何回かブログに愚痴愚痴と書こうとしたのですが、ブログを書き始めると、何だか自分が思っていることがバカバカしくなってきて、「下書きに保存する」にポチッと。まだまだ昇華はできていないようですが、気分をこれ以上 下向きにさせない理性か食欲か何かは残っているようです。

 

 

[広告]

 

 

夏、つらくないですか?

夏、楽しい人って幸せなんだろうなー

 

とか思っているわけです。

完全にネガティブモードです。

 

夏は貧富、幸不幸の格差が浮き彫りになる気がします。

 

暑いのも嫌い。

 

昔は夏休み大好きだったはずなんだけど、いまは夏自体が嫌い。

 

だから息を潜めてジッとして夏をやりすごしたい。時には野外ライブに行ってうぇいうぇいしたりすることもありますが、それも「つわものどもが夢の後」。

 

そして夏が終わりそうになるとそれはそれで、何となく気分が落ち込みます。

 

夏は死にたくなる

 

という人は多くないのかなぁ

と思って、自殺の統計を調べてみたわけです。

 

もちろんこの数字が正しいとは思いません。実際にはもっと多いのではないかと思っています。

 

月別をみてみると、確かに3月4月が多いです。

 

平成26年の月別の自殺者数について(暫定値)

H26_tukibetujisatushasuu_sokuhouchi.pdf

 

平成27年の月別の自殺者数について(暫定値)

H27_tukibetujisatushasuu_zanteichi.pdf

 

そうなのかぁ。

春は季節の変わり目ととともに体調不良もありそうですし。

 

会社のほうもいろいろとあるでしょうし。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

allabout.co.jp

 

ですが、なぜでしょう。

26年度の統計では、女性は8月が多いです。

 

そうかー

 

自殺の統計 - 内閣府

 

平成26年の状況|自殺統計に基づく自殺者 - 内閣府

 

今日はここまで。

 

豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: ロバート・ニュートン・ペック,金原瑞人,Robert Newton Peck
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 新書
  • 購入: 3人 クリック: 77回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
 

  

[広告]

 

■合わせて読みたい