読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

人の本棚から読んだコミックを笑うな

人の本棚をのぞくな。

人の本棚から読んだコミックを笑うな。

 

そんな言葉があったかどうか。

人の本棚から読んだコミック本3冊。

又鬼の命[矢口高雄]

もうね、

マタギ。

又鬼の命

又鬼の命

 

 

 矢口高雄の作品なのでスラスラと読んじゃいましたが、どこまでがファンタジーでどこまでが本当のマタギのワザなのかがよくわかりません。

 

 

[広告]

 

 

短編がいくつか入っていて、マタギだけでなく、女の子とイヌのお話とか、ちょっと昭和チックな話も含まれています。

 

野犬とか、昭和だなーって思います。犬はお店で買う、と思っている東京の子らたちに、犬が普通にうろうろしている、は通じない話になっちゃうだろうなー。

 

が、マタギ。

 

わたし、また一歩、マタギに近づいたような気がします。

 

ライチ☆光クラブ[古屋兎丸,東京グランギニョル]

中ほどを ぱらぱらっと読んで

「ああ。やめよう」

「読むのやめよう」

と思いながら読んで後悔してしまった本。

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

  • 作者: 古屋兎丸,東京グランギニョル「ライチ光クラブ」
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: コミック
  • 購入: 33人 クリック: 205回
  • この商品を含むブログ (136件) を見る
 

 

いやー(;_; )( ;_;)ヤンヤン

 

怖いし、気持ち悪いんだけど、どこか惹かれてしまったんですね。頭に残りまくりだし、結局最初に戻って、最初から全部読んじゃったし。

 

ライチで動く最強のロボット健気だし、女の子かわいいし。

 

「・・・こういうの好きなの?」

と聞いてみたら

「わたしもこれもらったんだけど、なんでこれをわたしにくれたのかはわかんないー」

と言っていたので、持ち主の趣味ではなさそう。

 

ナナのリテラシー[鈴木みそ]

高校生のナナがインターンでろくでなしの天才のいる、コンサルタント会社に職場体験する話。

 

普段コミックを読まない人が持っていた本。

 

ナナのリテラシー1

ナナのリテラシー1

 

 

今の出版業界や漫画家の苦境を、漫画家「鈴木みそ吉」で表現しています。かなりノンフィクションに近い、作者体験談に近いものなのではないでしょうか。

 

線もきれいだし、絵も好き。

女の子も可愛い!

 

2巻もあったので今度読む。 

限界集落(ギリギリ)温泉も読んでみたい(読む!)。

 

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

 

 

今日はここまでー。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい