読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

ダイエットは体重を減らすことじゃないから

贅肉も洋服も絶賛!断捨離中!!

こんにちは。

 

永遠のダイエッターばんばんです。

 

わたしにとってダイエットは体重を減らすことではありません。

 

  • 体を引き締めること。
  • 外側の脂肪も内臓脂肪も減らすこと。
  • たまに食べるご馳走を罪悪感なく食べられる体型になること。
  • タイトなTシャツを気軽に着られるようになること。

 

そこが目標です。

 

 

[広告]

 

 

ですから、体重で一喜一憂はしたくないのです。←こう書くと何かものすごく「わたしってエライ?」感が醸し出されますが、実際は

 

 

こんな感じで、めちゃくちゃ一喜一憂していたりします。ふふ。わたしも人間の子よのぅ~~~(ブタじゃねぇから)。

 

で、順調に体重も減っているのですが、何より嬉しかったのは、一番増量していたメガマックスな体重だったこの春、キチキチで履いていた黒パンツがゆるゆるになってきたことです。わーいわーいわーい!!

 

さらに「はけないわ~」と思っていたデザイン違いの黒パンツが「あら?何とか履ける?」というところまで来て、これまたデザイン違いサイズ違いの黒パンツが「今は履けないけどもう少し頑張れば」というところまできたこと。わーいわーいわーい!!

 

これは嬉しい。

大きめサイズを買わずに済んだことが嬉しい。

 

それにしても黒パンツ多すぎだろ?わたし。

 

 

でもツムツムも体重測定もそうなのですが、数字で効果が現れてくると、うっかり数字にこだわりたくなります。で、特にこだわりたくなる数字があります。それは大きな山場の数字。

 

例えば、例えば、例えばですよ。

 

わたしが95kgだとするじゃないですか。

それが99kgになったときの恐怖!

 

ああああああああああああああああああああ、うっかりしたら100kgの大台に乗っちゃうよ!!0.1トンだよ。もうkgじゃなくてトンに近くなっちゃうよーーーって焦ります。

 

逆に、そこからのダイエットで、95kgに戻っていったときの安心感。さらに92kgになり、もう少しで80kg台に??

 

f:id:banban:20160504161941j:plain

 

脱ぐわ。

わたし脱ぐわ。

服は全て脱ぎ捨てるわ。

 

上半身も下半身も脱ぐわ。下着も脱いで、なんならトイレにも行って、さらに髪が濡れていたらドライヤーかけてから体重計に乗り直すわ!!

 

という、今だけ数字が小さくなればいい、的な感覚に陥ってしまいます。違う違う。そうじゃないから。そこじゃないから!と思いつつも、体重計に乗ってニヤニヤにまにま。

 

何という達成感。

何という開放感。

何という喜び。

 

でも翌日に量ると、その夢のような数字はなくなっていて、あらら、増えているじゃん、という感じで、ひゅるるる~と、少しだけ冷静になります。

 

そうやって、振り子のような感じで、行ったり来たりしながら、少しずつ前に進んでいくという感じが、ちょうどよいのだと思っています。

 

 

ダイエットに限らず、短期的に結果を求めがちなわたしでしたが、この「振り子のような感じで進んでいく」という考えかたに至ってから、結果を急ぐことが減りました。ダイエットに限らず。

 

何かをなすには時間がかかることもありますし、時間をかけた方がいいこともあるのです。そんな簡単なことになかなか気がつかなかったわたし。

 

ダメだったりできなかったり、後戻りしているように見えると、悲しんだり怒ったり落ち込んだり。

 

振り子のように前に行ったり後ろに戻ったり、同じところを行ったり来たりしているように見えても、振り子全体が少しずつ前に進んでいれば、よい方向に向かっています。

 

そう思えば、元に戻ったり後退したりしているように見えたときに、焦ったり怒ったり悲しんだり落ち込んだりする必要はありません。人にたいしても自分にたいしても。

 

大事なことは、

  • 振り子全体は前に進んでいるか。
  • 前に進むような正しい努力をしているかどうか。

そこだけ見ておいて、あとは継続すること。

 

 

ダイエットの話なんだか、人生の話なんだかわからなくなりましたが、運動と年齢に合わせた少しの節食はもう少し続けていきたいと思います。

 

今日はここまで。

 

スレンダートーンの効果ってどうなのかなぁ。

うーん。肌弱いからかぶれたりするのかなぁ。

試してみたいなぁ。 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい