読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

[映画]ソロモンの偽証 <前篇・事件>完成披露試写会を傍聴しました。

ソロモンの偽証 5000人の完成披露試写会に参加してきました。

 

試写会場ではなく、

[法廷]

f:id:banban:20150224161227j:plain

 

チケットは鑑賞券ではなく

[傍聴券]

となっていました。

 f:id:banban:20150224161302j:plain

  

事前情報を全く入れずに見に行きました。普段テレビも地上波はほとんど見ませんので、CMすらほとんど見ていません。

 

宮部作品なので間違いはないだろうと。

作品も読んでいません。

 

 

クリスマスの朝、雪の校庭に転落死した男子生徒。警察は自殺と判断したが、殺人の目撃者を名乗る告発状が学校に届く。

 

告発された容疑者はクラスメート。

 

過熱するマスコミ報道、無力な学校と親、新たな計画殺人、そして犠牲者がひとり、また一人。

 

もう大人達にまかせてはおけない。

 

隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される。

 

始まってすぐ「ああ、見なければよかった」と思いました。

 

先日の中学生の痛ましい事件。あれで胸がざわざわしていた昨日。やはり中学生の死を扱ったのこの映画は、わたしにとってはタイミングが悪かった。暴力的にいじめられるシーンにたまらなくなりました。繰り返される映像に目を背けました。暴力としてはそれほど過激ではないのかもしれませんが、それが同級生によるもので、ちょうど事件が頭にあるときで、そのために過剰反応したのかもしれません。

 

ですが<前篇・事件>を見終わって、やはり<後篇・裁判>も見なければ、と思っています。

 

はやく見たい。

是非見たい。

 

[広告]

 

 

舞台挨拶でも大人キャストたちが口々に言っていましたが、子どもたちのそれぞれがいいんです。

 

三宅樹里(石井杏奈)の暗さや鬱屈した感じもいいですが、

主役の藤野涼子役の藤野涼子。

あの横顔。額。

頭の形の良さ。

声の涼やかさ。

 

その藤野涼子が決意をします。

一人で決意します。

たった一人で。

その決意をした後半の藤野涼子の美しいこと。

瞳の強さ。

その強さに圧倒されます。

気持ちよいです。

 

 

監督は「八日目の蝉」の成島 出 監督。

監督が最後に言っていました。

「宮部作品のすごいところで、後半は救済が始まります」

 

そうだ。

そうだった。

 

どうしようもない、出てくる人がみんなダメで、状況も最悪で、でも宮部作品は、奥深いところに愛があって、みんなが「それぞれの形で」救われる感。

 

それならば、やはり<後篇・裁判>も見なくては。

 

上映時間 2時間1分。

 

舞台挨拶とフォトセッションを含めるとかなり長丁場でしたが、しんとした静かな風景描写に、舞台を見ているような台詞。あっと驚く展開。

 

2時間はあっという間でした。

 

2015年3月1日に、前後篇イッキ見のイベントが1日にあります。

長さを心配していたら大丈夫。

長さはあまり感じないと思います。

 


『ソロモンの偽証』前後篇でイッキに魅せます1日限りのプレミア上映会 開催決定!|『ソロモンの偽証』最新情報



随所に「これホラーだっけ?」と思うようなシーンがあります。日本のホラーっぽい感じ。怖いです。いちいち怖いです。不気味なのはいいとして、ドシャーンみたいなの。あれは必要なの?うーん、と思いましたが、そのたびに(*゚0゚)ハッ!!とさせられます。そのため気が抜けず、上映時間も短く感じたのかもしれません。

 

大好きなドランクドラゴンの塚地武雅が、浅井松子のお父さん役で出ています。舞台挨拶でも元気に盛り上げていました。ナマ

 

「ここをこうこうこうー」

が見られてよかったです。

 

原作も読もうっと。

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

 
ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)

 
ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)

 

今日はここまで。

 

今週のお題「ふつうに良かった映画」

 

[広告]

 

■合わせて読みたい