読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

わたしにはサンタクロースがこないから。クリスマスプレゼントに欲しいもの5つ。

恋人は三枚肉~♪

本当はロースカツ~♪

 

生まれてこのかた、サンタクロースが来てくれたことが一度もないです。いつか出会えると思って生きてきましたが、とうとう今世では出会えそうにありません。

 

悲しくなんかないもんっ!

( ┰_┰) 

 

母はたいへん現実的な人で、夢のあるようなことを言うような人ではありませんでした。夢見がちなことばかりを言っていた当時の可愛いらしかったわたしに、いつもぴしゃりと現実を突きつける人でしたが、それでもクリスマスですよ。サンタクロースくらい信じさせてくれよぉ~。

 

幼稚園で作ったクリスマスの靴下を持ち帰るときに先生が言いました。

 

「作った靴下にお手紙を入れておくと、クリスマスにこの靴下にプレゼントが入っているかもしれません」

 

 

[広告]

 

 

それを信じて、その靴下にお手紙を入れて、毎日のぞき込みました。

 

まだクリスマスじゃないから入っていないんだな。手紙もなくならないけど、きっとサンタさんは読んでも持っていくことはしないんだよね。心の目で読むから。

 

と、楽しみにしていました。でも一度もサンタクロースは来ませんでした。母は「サンタクロースとかいないから」と何度もわたしに言いました。きょうだいも「サンタとかいるわけないじゃん」と言いました。

 

でもさ、母がきょうだいがわたしが見ていないから、サンタはいないとなぜ証明できるの?万里の長城だってピラミッドだってオーロラだって見たことなくても、そこにあるでしょ?今年はわが家には来なくても、いつかどこかで出会えるかもとか。

 

 

母は貧しい中で、毎年ささやかなプレゼントを用意してくれていました。ボードゲームとかおもちゃとか手袋とか。のちに成長してからは図書券とかチョコレートを用意してくれていました。

 

なぜ母がプレゼントをサンタクロースのプレゼントにしなかったのか、と大人になってから母に聞いたことがあります。

 

「わたしがプレゼントを用意したのに、なぜサンタクロースからのプレゼントにしなくてはいけないのか」

 

と、まさかの逆質問。

 

大人になると、それもわかります。そうだよね。せっかく用意したなら自分から、って渡したいよね。サンタさんからと親からの両方を用意できるような家計状態じゃなかったしね。でもさ、キャンディー一粒でもよかったんだよ。わたしは。みんなが「サンタさん来たーーー」って言っているときに、一緒にのっかりたかったんだよ。

 

さらに母には「あなたは、夢見がちすぎるから、そこはちゃんと言っておかないと」とか言われましたから、子どもを見て、教育的指導的に母がそれなりに判断したってことなのかもしれません。

 

ということで、クリスマスにサンタクロースにもらいたいもの2015年。

5つあげてみましょう。

ピアス

いつでもどこでもピアスに元気をもらえるような気がするのです。

「プレゼント何がいい?」と聞かれたら迷わずピアス。

 

安いものから、超高額なものまであるので「5000円以内でね」とか、値段指定することもあります。 

 

ピアス大好き。どんなに趣味が合わなくても、小さいからしまっておけます。身につけることがなくても、時々見てにこにこできます。

液晶タブレット

へたくそな画ですが、時々書きます。

主にブタ。

液晶タブレットがあったらもっと捗るかなーって、思っています。

財布

一時期は隔年くらいで買い換えていましたが、いまの財布はものすごく気に入っている上に、エナメルも皮も丈夫でした。スーパーブランドでもなかったのに。で、気がついたら軽く数年は使っているんじゃないかと。

 

そろそろ買い換えかなーと思っています。

 

が、気に入るものが見つからないのです。

 

サンタさん。

サンタさん聞こえますか?

わたしの好みを加味して、プレゼントしてください。

マグボトル

ベッドサイドに置く可愛いマグボトルが欲しいのです。夜間に薬を飲んだり、夏の水分補給用なので、保温性能は問いません。だからサーモスとかじゃなくていいのです。

 

ただ、持っているだけで、置いているだけで、気持ちがキラキラしそうなオシャレなのが欲しいです。 

赤いバッグ

冬はコートもパンツも暗い色になりがちなので、バッグは赤がいいです。曇った重たい空に映えるような。

 

できれば牛革で。

そして軽量ならなおヨシ。

 

うーん。ちょっと違うかな。 

 

こんな感じがいいな!

高っか!!!

スヌード  

今年は温かくてタートルを着ることがないのですが、それでもきっとこれからは寒い日が来るのではないかと思っています。

 

年中暑がりのわたしですから、こういった小物で体温調節をしたいところです。

もっふもふなのが好きです。 

もっふもふにして欲しい。

 

全部で6つになってしまいました(・ω<)テヘ

もっとあったと思うので、思い出したらまた書きます。

 

今日はここまで。

 

去年もやってたわ↓↓

banban.hatenablog.com

 

[広告]

 

■合わせて読みたい