読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

ベースメイク「てかりを抑える」か「つやを出す」か迷うお年頃むしろてかりたい

メイク・ファッション・アンチエイジング

どちらかというと乾燥体質ですが、気分的にもパッサパサくらいが好きでした。

 

シャンプーなどのヘアケア製品 も「しっとり」より「さっぱり」や「さらさら」を選んでいました。

 

お肌もさらっとした感じが好きでした。

ベトつく感じは嫌だなーって。

 

鼻の頭や額の油は除去!「てかり」を抑える方面に気を使っていました。

 

ほら。

女優さんの撮影の時もそうでしょ?

パフで「てかり」をとるでしょ?

 

[広告]

 

 

 そして、年月が経ち、ふと気がついたら、化粧品カウンターとかで言われるんですよ。

 

「つや」はだいじですよ

(`・ω・´)キリッ

 

くすんだ感じのない透明感のある、つやつやとした感じ。

それはすてき。

 

お肌が「つやつやとした感じ」は、ちょっと光を集めている感じで「マイナス○歳肌」なわけです。

 

「オイル使ってくださいね」

「はーい」

 

ということで、高いのも安いのも取り混ぜて、オイルを使っていたりします。

 

顔にはハーバルオイルを使っています。

 

ベースメーク前に、ほんの1~2滴使うと、お肌につやが増すような気がします。

アルビオン ALBION ハーバルオイル ゴールド 40mL

 

【国内向 正規品】 ALBION アルビオン ハーバルオイル ゴールド

【国内向 正規品】 ALBION アルビオン ハーバルオイル ゴールド

 

 

ちょっと高いんですけど、使うのは1滴くらいですからメチャクチャもちます。

 

洗顔後すぐ

または

乳液後(アルビオンは乳液が先)

または

化粧水後

 

少し前までは、メイクで「てかり」を気にしていたのに、鼻の脂とかを気にしていたのに、「てかり」を気にするよりも「つや」を出したい→むしろ「てかりたい」になっているんですねぇ。

 

しみじみ。

 

「てかり」と「つや」は違いますよ。

「てから」ないで「つや」を出しましょうよ!

 

と言われそうですが、今やどちらをより多く気にするか、と言われたら、

 

以前は「てかり」いまは「つや」

小娘「てかり」婆は「つや」

です。

 

自分が「オイルを使うようになったかー」とか、「つや」に気をつけるようになったかーと感慨深いです。

 

 

お肌にも人生にも懐にも潤いが欲しいお年頃。

今日はここまで。

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい