読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

お祝い事は前倒しで。

思う・考える・学ぶ 恋愛・結婚・家族

今日は母に会ってきました。

 

「お祝い事は早めにね」

「贈りものは遅くなるよりも前倒しくらいがいいのよ」

 

「面倒だなーと思っても、どうせ差し上げるなら早めにね」

「そのほうがお互いヤキモキしなくて済むから」

 

「あげなくちゃ、あげなくちゃ、って思っている時間は短いほうがいいでしょ」

 

母の教えです。

 

以前は「そうはいっても、こっちにも都合とかあるんだし、別に後倒しでもいいでしょ」と、思っていましたが、1週間後と1週間前なら、1週間前のほうがお互い気持ちがよいことに気がつきました。

 

早いほうが気持ちよいです。

できるかぎり早く。

 

 

[広告]

 

 

そういえば、母からは

「嫌なことは早めに片付けること」

とも言われていました。

 

謝罪しなくてはいけないことを「あとで謝ろう」と思って、口をつぐんではダメ。時間が経つにつれて謝りづらくなるから。

 

そういえば、それは新入社員時代に先輩や上司にも言われました。

 

トラブル解決やクレーム処理はできるかぎり早くとりかかること。

 

トラブルをどうやって解決しようかと、ただ一人で考えて時間を過ごしてしまうのは、やりたくなくて後回しにしているだけ。それはとても後ろ向きな話。どうしようか考えて二の足を踏んでいるだけ。

 

スピードが命!みたいな会社だったので、余計にそんなことをたたき込まれました。今だと「ケースバイケースじゃないかな」とも思いますし、慌ててヘタな対処をするよりも気持ちを落ち着けて慎重な対応をしたほうがよいケースがあることもわかります。

 

でも、今でも、足がすくんでしまったり、手が止まってしまったりしたときに、自分を奮い立たせる言葉としてわたしの中に確実に残っています。

 

で、母の日です。

 

今週末はちょっと行きづらかったですし、母の体調も今ひとつでしたが、元気になったようなので、思い切って会ってきました。やっぱり「前倒しだろう」で。プレゼントも用意して。

 

以前はいつもプレゼントに文句言ってた気がするのですが、今年は素直に喜んでくれたと思います(あとから文句言うパターンもあり)。

 

たわいもない話をして煮物食って帰ってきました。

 

 

疲れたー

またねー

 

今日はここまで。

 

 

[広告]

 

■合わせて読みたい