読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうつしかえ

ブヒブヒ言ってるだけです。誰も恨んでいません。

あもん はなれ[池袋]で肉食

食べる・飲む

池袋の焼き肉屋さんのあもんの別館というか隠れ家というか離れというか。はい。「はなれ」です。お店の名前が「あもん はなれ」

 

池袋西口、回りにアダルティーなお店がたくさんありますが、気にしない気にしない。帰りにそこに向かって吸い込まれていく人がいても追究しない追究しない。

 

ということで、大人のお店「あもん はなれ」でお肉食べてきました(2014年)。

 

あもん はなれ[池袋]

店内は狭い。

狭い。

 

この狭さがお忍び的な感じがしていいのかも。

テーブルは2つだったかな。

あとはカウンター。 

 

カウンターはカップルで行ったりするといいと思います。

テーブルはグループとか大人な家族で。

 

前菜3種

f:id:banban:20150117114552j:plain

 

飲み物でちょっと変わっているのがノンアルコールワイン。

お店のかた曰く、

「ワインと同じ製法で作り、あとからアルコール分を抜いたものです」

ということでした。

 

珍しい感じがしたので頼んでみましたが、お酒を飲める人は普通のワインにしたほうがやっぱりお料理がおいしく感じられます。

 

[広告]

 

バーニャカウダ

f:id:banban:20150117114626j:plain

 

レバーパテ

もなか風になっています。外側のモナカとレバーが合います。

あっという間に食べてしまいますが、もっと食べたいー

f:id:banban:20150117114642j:plain

 

フォアグラの茶碗蒸し、貴腐ワイン

f:id:banban:20150117114826j:plain

甘い貴腐ワインがついています。

フォアグラは茶碗蒸しでさっぱりと。

 

名古屋コーチン串焼き3本

好きなものを3本選びます。

最初「え?これ全部?」と思ったのは ( ^ x ^ ) ナイショ。

 

f:id:banban:20150117115001j:plain

f:id:banban:20150117120043j:plain

f:id:banban:20150117120055j:plain

野菜串

f:id:banban:20150117120029j:plain

まこも茸です。

 

豚のグリルをマッシュポテトにのせた一口

f:id:banban:20150117120112j:plain

こういうちょっとしたのを楽しめると(いつも大盛ばかりだと思うなよ、と)わたしも大人になったなーって感慨深いです。

 

神戸牛のにぎり、ロース雲丹巻きイクラ添え、自家製スモークサーモン

f:id:banban:20150117120253j:plain

これはねー♡

とても素敵でした。

これだけ3回くらいおかわりしたい。

ほんとに幸せなお皿です。

 

名古屋コーチンのスープ

 f:id:banban:20150117115253j:plain

麺を入れて食べても絶対おいしい!!

と、食いしん坊の感想。

 

お好み和牛のグリル

これも三種の中から2つ選びます。

神戸牛のランプのももとしり、熊本産黒毛和牛のサーロイン。

 

ももとしりにしました。

f:id:banban:20150117115836j:plain

f:id:banban:20150117115929j:plain

f:id:banban:20150117115100j:plain

玉ねぎのマーマレードと泡醤油と溜まり醤油で食べます。

 

熱々ではないのです。ぬるめのお肉です。このぬるさは好みがわかれるかなー。お肉を選んで焼いてもらうので熱々が来ると思ってしまってあれれ?となりまました。調理法にこだわりがあるならそこは説明して欲しかったです。

 

ご飯

これもお肉のカレー、トリュフ卵かけご飯のどちらかを選びます。お腹と財布が大丈夫なら両方でもOK!

 

まあ、つやつやとしたトリュフ卵!!

f:id:banban:20150117115622j:plain

 

濃厚。

f:id:banban:20150117115702j:plain

 

デザート

ちょっと変わったデザートです。

トマトのコンフォート。

f:id:banban:20150117115758j:plain

 

まとめ

池袋西口のごちゃごちゃしているビルの中に、こんな隠れ家的なお店があったのか!というサプライズ的な楽しみかたもできそうです。こっちのお店も知ってるからねーって。

 

料金は安くはありません。お肉やお料理はこだわりが感じられるので、量よりも見た目とか味の組み合わせの面白さをじっくり楽しむ時に行きたいお店です。

 

親しい人とカウンターで二人で♡っていうのが、よさげ。

 

今日はここまで。

 

[広告]

 

■合わせて読みたい